SEO対策で使いたいツールキーワードプランナー

どうも、おとく(@otokubloger)です。

 

SEO対策できてますか?

ブログやメディアを運営してからは、

SEO対策との戦いになると思います。

 

今回はそんなSEO対策のためのツール

紹介していこうと思います。

SEO対策ツールを使えば、今よりも

確実にSEOを強くすることができます。

 

まだSEO対策でツールを使ってないという人は

確実に必要になってくるので、確認してください。

 

SEO対策にはツールが必須

 

これまでSEO対策をツールなしにやってきたあなたが

SEO対策ツールを使いこなすことができれば、

今までよりも確実に検索順位をあげて、

担当しているメディアやブログを上位検索させることができます。

 

逆にSEO対策をツールなしに行うには

ほぼ不可能と言っても過言ではないでしょう。

それくらいSEO対策にはツールは必須なんです。

 

今回はそんなメディア担当者に欠かせない

SEO対策ツールを紹介していこうと思います。

今回でツールの重要性を理解してどんどん

SEO対策を進めて行きましょう。

SEO対策の無料ツール:キーワードプランナー

 

今回紹介するSEO対策の無料ツールは

キーワードプランナーです。

グーグルアドワーズというサービスのなかの

ツールでキーワードを選んでいくのに必須のSEO対策ツールです。

 

SEO対策するのにあたっての最初の関門が

キーワード選択だと思います。

「キーワード何を選べばいいんだよー!」

まぁ落ち着いてください。

 

このSEO対策ツールのキーワードプランナーを

使うことで、記事を書くときのキーワードで

しっかりとSEOに響くキーワードを選ぶことができます。

SEO対策のキーワードプランナーを使ってみよう

 

 

最初の画面はこんな感じになっています。

メディア運営をしている人なら使うことが多いのは、

上の新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得

というツールを使うでしょう。

 

 

そしてこのページで自分の運営している

メディアで書こうと思っているSEOワードを

いくつか入れてみます。

 

もちろん1つだとビックワードが選ばれることになりますし、

3つほどの複合ワードならボリュームの小さいワードが

検索結果で出てくるでしょう。

 

今回は例として僕が適当にワード選択して

キーワードプランナーに入れていこうと思います。

 

今回のワードは『コピー、ライティング、初心者』

検索していこうと思います。

 

 

キーワードのところをみてみると、

月間平均検索ボリュームというのが出てきます。

これがこの3つのキーワードで調べる人が

どれくらいいるのかという数字です。

 

今回の検索では10-100となっているので、

あまり多くはないですね。

 

競合性も低なのでとても検索されにくいワード

ということがわかります。

しかしこれから初心者を抜くと、

ボリュームは1000-1万となります。

 

SEO対策のキーワードプランナーでこんな分析

 

ボリュームは小さいので検索する人は

とても少ないですけど、

その分、上に行く確率は上がります。

 

逆に初心者を引いたボリュームの大きい

もので記事を書くとなると検索は

たくさんされますが、SEOの強い記事に

勝っていかないといけません。

 

なので検索されにくいキーワード

記事を構築してSEOでも上位を目指すか、

検索されやすいけどSEOの競争率の高いキーワードで

他の記事と戦って行くかになります。

 

そしてこのキーワードプランナーには

検索したワードと近いキーワードのボリュームや

競争率も教えてくれるので、記事内容に

悩む時に少し検索してみるといいかもしれないですね。

 

キーワードプランナーでSEO対策!

 

さて、今回はSEO対策で使える

キーワードプランナーの使い方について

紹介してきました。

 

メディアやブログを運営するにあたって

SEO対策をすることやしっかりと、

会社や個人の方針にあったキーワードで

戦って行くことはとても重要です。

 

キーワードプランナーを使えば、

自分がこれから書こうとしている

記事のボリュームはもちろん、

どんなキーワードが検索されやすいのかもわかります。

 

それはメディア運営担当にはとても重要です。

しっかりとキーワードプランナーで

どんなキーワードで記事を書くのか定めて、

記事を書いていってください。

 

今回はここまでです。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。