【就活】働き方を決めるのが人生において…〇〇

 

どうも、おとく(@otokubloger)です。

 

今回の記事は会社での立ち位置

そして今の働き方に悩んでいる人に

向けて書いていきます。

 

働き方の種類には様々な

ものがあるのは知っていますよね?

 

学生の方ならアルバイトや

個人事業主として稼ぐ方法。

 

社会人になっても、

本業や副業、そして起業など

様々な方法で収入をえることが可能です。

 

今回はそんな働き方

関するノウハウや僕の思いを

発信していこうと思います。

 

働き方を決めるな!

 

これからは様々な収入源を持って

生活をして行く時代になります。

副業禁止という会社もありますが、

少なくなってますね。

 

そんな様々な仕事をして行く中で、

絶対にしてはいけないことがあります。

 

それが働き方を決めるということです。

 

なぜ働き方を決めるのが危険なのか

それをこれから説明していきますね。

 

働き方を決めるのが危険な理由1:自分の価値が小さくなる

 

先ほども言った通り、

これからは様々な働き方で

生活していく人が増えていきます。

 

そんな時にもし就職している人が

その会社だけのノウハウやスキルを

持って転職したり副業を初めても

うまくいかないですよね?

 

なぜならあなたの価値が会社の

枠組みを出ていないからです。

それはこれからの時代でとても

危険なことなんです。

 

仕事だけに特化することはないですが、

ブログを書いたりインスタグラムで

フォロワーが1000人いるだったりとか、

 

YouTubeでチャンネル登録者が

1000人を超えているなどの

自分を高める価値が多いほど

いいですね!

 

そしてもちろんですが、

それは資格とか免許とか

誰もが持っているスキルではなくて

もっとあなただけのものです。

 

働き方を決めるのが危険な理由2:リストラ

 

リストラ、社会人なら

1番聞きたくない言葉ですよね。

 

これを恐る人の特徴が

この自分の働き方を決めている

ということですね。

 

これは別に社会人に

限ったことじゃないです。

 

・仮想通貨投資で通貨を発行している会社が潰れた

・フリーランスの情報発信でお客さんが集まらない

・デザイナーやライターで仕事が決まらない

 

フリーランスや投資家にも

この仕事がなくなるという

リスクはもちろんあるんです。

 

これはビジネス業界では

リスクヘッジと言われますが、

やはり1つの収入源だけでは

リスクが大きすぎて心配なのです。

 

それならいくつもの

収入源を持っていた方が、

リストラや様々なリスクに

対応することができますね。

 

働き方を決めるのが危険な理由3:どれも他に活用できないから

 

たとえばですが、

社会人を5年経験していても

フリーランスとして成功する

理由にはなりません。

 

そして社長を経験したことがあっても

それが理想の会社員になれる条件には

ならないんですよね。

 

社長もフリーランスも会社員も投資家も

どれも土俵が全く違います。

 

そこで培ったノウハウの多くは

新しいステージでは通用しない

そんなことが多いんです。

 

わかりやすいのは

保育園の保母さんですね。

 

あの人たちがお母さんになっても

素晴らしい教育をしているかと

いったらまた別の話ですよね。

 

では結局どう働けばいいの? 

 

答えは簡単なんです。

それは今の仕事だけじゃなくて

他の収入源を作る努力をする

これだけです。

 

もちろんこれは難しいし

めんどくさいです。

 

だからこそやる人は少ないでしょう。

しかしこれからの社会でいきていくには

必要な能力だと思います。

 

僕がオススメする副業のすすめ

 

・ブログで収入を得る

・SNSで個人としての人気を得る

・ネットビジネスを始める

・今の業界以外の業種の勉強をする

・フリーランススキル(ライター、デザイナー、アーティスト)を磨く

 

今日の記事は以上です。

自分の働き方について

考えてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。