4月の壁と就活のやる気に関する3つの質問と問題解決

 

どうも、徳永(@otokubloger)です。

 

4月に入って大学もとうとう始まりますね。

新入生は入学式も終わってオリエンテーションの

期間に入る時期だと思います。

 

そして2回生の人は大学にも

少し慣れて来てゼミやサークルに

後輩が入ってくるのがドキドキですね。

 

3回生はとうとうインターンシップ

卒業までの半分の期間をすぎて、

色々なことを考えて行動しなければ

いけない時期になりますね。

 

そして4回生はとうとう就活と

大学の両方を平行して行うきつい時期。

卒業論文や思い出作り様々な思いで

この新年度を迎えているでしょう。

 

4月に入った就活生はやる気がダウン!?

3月の後半や4月で就活のやる気が

少しダウンし始めます。

 

3月のスタートダッシュから少し

疲れてやる気が萎え始めてさらに

追い討ちをかける同級生や先輩、

職員、家族からの追い討ちなど…

 

考えただけでもやる気が下がる

そんなイベントがとても多くなるんです。

 

エントリーシートがうまくないのかな?

面接でなんで毎回落ちるんだろ…

そもそもなんでこんな辛いこと…

 

様々なネガティブな考えが巡って

社会に自分の居場所がなくなるように

思えてしまうもんです。

 

もしかしたらフリーターやニートに

なって社会から離脱してしまうかも!?

 

そんなことまで脳をよぎったら

就活なんてやってられないです。

 

就活のやる気と目的意識

就活にやる気の低下はつきものです。

3月のスタートから内定まで本当に

ノンストップで走り切る人はとても

少数派の人間でしょう。

 

しかしいることにはいるので

安心はしてはいけないのです。

あなたもその中の一人になる好機は

必ずあるのですから。

 

就活のやる気低下には目的意識を

しっかりと持つことをオススメしています。

前回使ったマインドマップも少し

活用して参考にしてみてください。

 

就活生の壁、自己PRを超える秘訣!?

 

目的意識をまず最初に取り戻せば

就活のやる気は戻るし継続することができます。

 

では少し掘り下げて紹介していきましょう。

 

就活のやる気を取り戻す目的意識1:なぜ?

あなたは就活のやる気が下がってます。

ではまず簡単な質問から進めていきましょう。

 

Q.1 あなたはなぜ就活をしていますか?

 

大学4回生になると周りが

就活就活とうるさいので就活をやることが

『当たり前なんだ』と勘違いしてしまいます。

 

だから誰しもが就活をする理由を

探すというとても重要な思考をしないのです。

 

就活のやる気が下がるのは当たり前で、

やる気がないから体が動かないのと

なんでやってるかが本能的にわかってない

だから行動できないのです。

 

一応言っておくと別に就職以外にも

選択肢というのはいくつもあります。

 

その選択肢についてはまた他の機会に

お話しさせてもらうと思うので、

今回は割愛します。

 

なんにしても就活のやる気が落ちている

そのような人はまずこの質問に

答えてみると行動の理由が見つかります。

 

就活のやる気を取り戻す目的意識2:未来

少し抽象的になって難しいですが、

自分がやりたいことを書いてみましょう。

 

先ほども言った通り就活も就職も

あなたの目的を達成するための手段の

一つでしかないのです。

 

なので自分がどんなことをしたいのか

そのために今やるべきことというのを

マインドマップに書き起こしてみると

少し就活のやる気も戻って行動の理由も見つかるでしょう。

 

僕の場合誰かに就活について

コンサルをする時にはまずはここから

入ることが多いです。

 

Q.2あなたがやりたいことはなんですか?

 

この質問に就活の理由とやる気低下の

理由が全て詰まっていると思ってください。

これは就活だけではなくて勉強でも、

仕事でも繋がる話なので使ってみてください。

 

就活のやる気を取り戻す目的意識3:どんな?

ここまでで気が付いたかも

しれないですが意外と簡単な質問

あなたの悩みというのは解決するんです。

 

それほどに就活をすると簡単な思考が

難しくなってやる気をあげることすら

できなくなってしまいます。

 

そしてこれも就活のやる気を

取り戻すための質問の1つです。

 

Q.3あなたはどんな会社に務めたいですか?

 

これも私が就活のやる気で困っている

人に序盤にする質問の1つです。

 

そしてこれはとても重要な作業と

結びつくのでとてもオススメなんです。

 

就活のやる気低下の解決に繋がる作業とは?

 

こんな言葉を聞いたことがありませんか?

就活とは恋人探しに似た要素が多くある。

 

内定先の会社を恋人、

そしてその相手を探す就活を

恋人探しに例えているとてもうまい

例え話ですよね。

 

おそらく大学でもキャリア担当の

職員や教員に言われたことが、

あるのではないでしょうか?

 

ここで必要な就活のやる気低下に

繋がる作業とはただ『絞る』ことです。

 

これはもしかしたら企業の採用担当にも

言われることかもしれないですね。

 

まずはあなたが就職する会社に一番、

求めるものを紙に書き出してみてください。

多すぎるという人でも最高3つまでです。

 

それができたらあとは簡単です。

それ以外は捨てる、これだけです。

 

  • 完全週休2日制ならそれ以外は捨てる
  • 好きな仕事なら給料面は捨てる
  • 福利厚生が整ってるなら休みは我慢。

 

少し強引でこんなのいいの?

というやり方かもしれないですが

これでも大丈夫です。

 

この手法の一番重要なところは

その会社のダメなところをみても

割り切っているという状況を無理やり

作るということにあります。

 

この作業をしていないだけで

この会社いいと思ったけど、

完全週休2日制じゃないじゃんとか

 

そんなことはこの作業をしてない人は

とても多く経験することなんです。

 

それくらいに人は他社の欠点探しが

これまでの人生で得意になっています。

怖いですよね汗

 

なのであぁーこの会社完全週休2日制

ではないけど自分の好きな仕事が

できそうだなーみたいに

 

自分の企業に求める要素を決める

というのは思っているよりも重要です。

 

就活のやる気は下がっても大丈夫!?

さて、ここまで就活のやる気を

取り戻すための方法について

紹介してきました。

 

しかしここまできたのですが、

この上の3つをしていたとしても

単純に就活のやる気が下がることは

もちろんあります。

 

そrは一生懸命走っているからです。

人間1ヶ月頑張って走ると疲れて、

歩きたくなるんです。

 

なのでもし自分でサボってるなー

って思ってもこんなんじゃダメだと

悲観にならずに今日紹介した方法を

使ってみてください。

 

今回はここまでです、

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。