就活生は面接で何を話せばいいのか?

 

どうも、徳永(@otokubloger)です。

 

就活生に面接ってどうやっても

避けては通れない道ですよね。

 

就活生にとって最大の敵とも言える

面接、エントリーシート、グループディスカッション

これらのスキルは就活生みんなが苦しむ

3つの大きな敵だと思います。

 

このブログでは就活でも特に

困っている人が多いこの3つに

絞って情報を発信しています。

 

今回は特に僕の周りでは困っている

人が多い面接について話します。

 

就活生は面接で何を話せばいいのか?

 

ではその就活生が皆困っている面接、

これはどのようなことを話せばいいのでしょう?

 

よく大学の授業やキャリアセンターで

こんなことを話せばいいよと言う人が

いるけれど本当にこの情報はあってるの?

と不安に感じている人も就活生の悩みです。

 

就活生が面接でどんなことを

話せばいいのかについてははっきり

わかっているので今回でシェアします。

 

面接において何を言うべきなのか

これを知っているのはとても大きな

武器になります。

 

それはなぜかと言うと

あらかじめ何を言うか準備して

話すことができるからです。

 

これだけで全然違います。

だって準備している人としていない人

 

どちらが話せるかって言ったら

確実に準備している方ですよね。

 

就活生が面接で言うべきたった2つのこと

 

では実際に企業は就活生に面接で

何を話して欲しいのでしょう?

 

それは簡単なたった2つのことなんです。

 

本当にこの2つだけをしっかりと

伝えることができれば就活生は面接で

企業から良い印象を受けます。

 

逆にこれ以外のことをベラベラ話している

人は面接でも担当者から正しい評価を

受けるのは難しいでしょう。

 

ではその2つについてここからは

少し詳しく説明して行きましょう。

 

就活生が面接で言うべき2つのこと1:自己紹介

 

自己紹介って当たり前のことですよね?

しかし就活生を見ていると面接なのに

自己紹介をしていない人がたまに

いることがあるんです。

 

そういう人はどういう人かというと

いきなり自己PRしている人です。

就活生は特に面接になると自己PRを

しなきゃ汗と焦る人が多いです。

 

もちろん自己PRも重要ですが、

そこの区別はしっかりするようにしましょう。

ではそれぞれ見て行きましょう。

 

就活生の面接での間違い、自己紹介と自己PRの違い

 

自己紹介と自己PR

これは一体何が違うんでしょう。

就活生は面接で自己PRを一生懸命

することはあっても自己紹介はあまりしないです。

 

自己紹介と自己PRの違いはこの1つだけです。

それは自分の全てを話しているかということです。

自己紹介は自分のいいところも悪いところも

全て話すのが自己紹介です。

 

逆に事実だけを言わなければいけない

という意味にも捉えられますよね。

 

しかし自己PRは完全に狙いがPRつまり

自分を売り込むのが目的です。

なのでできるだけ自分をいいように

ブランディングして話してみてください。

 

これを知らない就活生の面接は

自己紹介だけでどこがいいのかわからない

それか自己PRだけでグイグイ行き過ぎなど

色々な問題が出てくるんですよね。

 

なので自己紹介と自己PRをしっかりと

使い分けて進めて行きましょう。

 

就活生は面接の自己紹介であなたがどんな人間かを伝えよう

 

就活生の面接で自己紹介と自己PRを

使い分けるのが重要ということは

もう理解してくれましたよね。

 

では次は実際に何を話すのかに

ついて紹介します。

 

それほど難しいことではないんです。

これも大学のキャリアセンターでも

よく言われていることだと思います。

 

それは何かと言うと自分がどんな人間かです。

 

自分がどんな性格なのか、長所はどこか

短所はどこなのかしっかりとまとめましょう。

 

⇨マインドマップについての記事はこちら

 

性格に関しては主観と客観を入れて、

長所は短所より多めで7割ほど入れましょう。

そして長所は自己PRで入れたいので

少し自分を売り込むように伝えましょう。

 

就活生が面接の自己紹介で伝えるべきストーリー

 

ストーリーと言ったら何か

すごいことを言わなければいけないのか

と思うかもしれないですが、これは

単純に学生時代打ち込んだことです。

 

これも自己PRに入る項目ですね。

あなたは学生時代に何を頑張りましたか?

というのはよくある質問ですよね。

 

その頑張ったことに合わせて、

その頑張ったことで出した成績や

その時の感情も伝えると良いです。

 

 

就活生が面接で言うべき2つのこと2:志望動機

 

就活生が面接で言うべき2つのことの

2つ目は志望動機です。

 

これは少しリサーチなどの話も

しないといけないのでそこは

しっかりとしていることを前提に

話そうと思います。

 

またリサーチについては紹介します。

 

就活生の面接での志望動機についても

重要な項目が2つあります。

 

では紹介して行きます。

 

就活生は面接の志望動機で何を言うべきか:何が?

 

何が?というのは何がしたいか?

ということですね、

 

就活生の中でも何がしたいというのが

まだ決まってない人もここはしっかりと

決めて面接に臨んでください。

 

あなたがこの会社に入ったら何がしたいのか

それだけではなくて将来的には何がしたいのか

それが明確な方が面接官には響くでしょう。

 

それだけではなくてあなたがその

会社に入って何ができるのか?

これも押さえておきたいです。

 

何ができるのか?についてはあまり

話している人は少ないように感じます。

就活や面接は企業の人材探しです。

何ができるかわからない人を入れるのは怖いです。

 

なのでここがはっきりしていると

採用担当は安心できますよね。

 

就活生は面接の志望動機で何を言うべきか:なぜ?

 

これはなぜその会社を選んだか

ということですね。

 

その会社のいいところや理念に共感した

などあなたの思うなぜ?を素直に伝えましょう。

 

就職活動をしていると面接を

受けすぎてなんでその会社を選んだか

見えなくなることもあるので、

そこははっきりさせたいですね。

 

そこは自分のストーリーや夢を

入れながら話すとより良いでしょう。

 

それとこれもあると強いというのは

他の会社との違い、なんで他の会社ではなく

そこを選んだのか、これも企業側としては

知っておきたい情報ですね。

 

そこはしっかりとリサーチをして

自分なりの意見を出しておきましょう。

 

就活生よ面接に備えなさい!

 

今回は就活の面接で就活生は

何を言えばいいのか?について紹介しました。

 

色々と何をすればいいのか

わからない人は多いと思います。

就活生にとって面接は本当の勝負です。

 

そのためにもリサーチをしたり

自分のやりたいことを探したり

準備しておきましょう。

 

今回はここまでです、

ありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。