社会人は仕事を作れるかで収入が変わる

 

こんにちは、徳永(@otokubloger)です。

 

最近は就職活動に関する記事が

続いていたので今回は仕事に関する

情報を発信していきます。

 

新社会人も4月から仕事が始まり

本格的に色々な仕事を任せられたり、

現場にも慣れて少しリラックスして、

仕事に取り組んでいると思います。

 

僕は完全に個人事業主として

仕事をしているので、会社で働くというのは

あまり経験はないんですけど、

フリー契約している会社はあるので

 

この始まって1ヶ月の気持ちは

とても理解できます。

 

しかし今回はそんな新入社員のあなたに

仕事について少しシビアなことを言います。

ちょっと傷つきたくない人はここで

戻ってくださいね!

 

社会人は仕事を作れないとNG

 

仕事を作る、これは社会人になって

企業勤めをすれば仕事はもらえるんじゃ?

そんな風に思っている人が多いでしょう。

 

しかし残念でした。

仕事はもらうんじゃなくて

作らないとこれからの社会人生活、

昇進する事も給料をあげる事もできないです。

 

特にこれも勘違いしている

人もいると思うんですけど、

誰にでもできる仕事では作っても

無駄なんです。

 

社会人でも仕事場では個人であれ

 

企業に努めるようになると

グループや営業チームなどになり

集団で仕事をすることが出てきます。

 

そうすると当然そのチームの

リーダがいると思うので、

結局自分で考えずに仕事を

振られまちをしてしまうんです。

 

社会人が仕事をするに当たって

待ちを選択するのはとても危険です。

 

何もわからないかもしれないですけど

それはただの言い訳にすぎなくて、

ただの甘えなんです。

 

だってあなたは社会人でお金を

もらって仕事をするんですから、

言われたことだけならバイトでいいんですから。

 

社会人で仕事を作る意識を持っていると

周りの人よりもはるかに会社に

利益を与えることができるので、

もちろん給料も上がります。

 

社会人は仕事においては集団ではなくて

個人としての心持ちもとても重要という

ことを理解していてください。

 

社会人が仕事を作った方がいい理由

 

ではそんなにも仕事を作るとか

個人としての意識を持つとか

それをやってどんな利益が出るのか?

 

給料が増えると言うけど

それは本当に可能なのか?

 

その理由について話していこうと思います。

 

社会人が仕事を作るべき理由1:差別化

 

僕はこの差別化に関しては

ちょっと踏み込んで話すことが

多いのですが、就活だけでなくて、

社会に出てもこの差別化が重要です。

 

あなたはあなたにしかできない

仕事を少しでも多くすることで、

自分のブランドをどんどん築く

そんなことができるのです。

 

ブランド=信用です、

そして現代の仕事に関しては

信用=お金、給料となるのです。

 

 

それほどに信用は重要でそれを

獲得するにはブランドをつける自分にしか

できない仕事をする人がとても重要なんです。

 

社会人が仕事を作るべき理由2:脳を働かせる

 

仕事を自分で作ってください。

これだけで明日から仕事を作れる人は

おそらくほとんどいないでしょう。

 

それはなぜかと言うとこのブログで

ずっとずっと言っている初心者だから

これに尽きるのです。

 

しかしどれだけ大変でも

続けないといけないのです。

 

それは昇進に関することです。

リーダーは常に自分の仕事を見つけて

仕事をしているでしょう。

 

ではあなたが頑張って仕事をして

社会人3年目であるプロジェクトの

リーダーになることができた。

 

しかしこれまで仕事を作らずに

周りの指示だけで仕事をしていたら

そのあとにどうなるでしょう?

 

もちろんリーダーになってもあなたの脳は

リーダーの脳、つまり仕事を作る脳に

なっていないのでうまくいくわけがないです。

 

もちろんみんな社会人になって

数年でリーダーになって失敗して

またそれを何年もかけて繰り返す

これをどんどんして定着するんです。

 

しかしそれではちょっと遅いですよね…

だって新入社員が3年以内に仕事を

離れる確率とか聞いたことあるでしょ?

 

その中で自分なりにその仕事でこれからも

食っていこうと思える結果を出さないと

あなたはやめてもいいかな?向いてないし…

 

そんな風に色々な言い訳を作って

仕事をやめてしまうことになるんです。

 

そんなことになって、

仕事をするのに迷うなら今のうちに

少しでも仕事を作る脳にしておいて

結果を出していく方がいいですよね!

 

社会人が仕事を作るべき理由3:仕事をやめれる

 

幻冬舎の箕輪さんとか

キングコングの西野さんを知っていますか?

最近では色々なメディアにも取り上げられ

色々なビジネスを展開している方です。

 

もともと箕輪さんは編集者だし

西野さんは芸人さんです。

 

もちろん2人とも今の仕事を続けています。

しかしあのくらい仕事を作れるように

なってくると辞めるという選択肢

発生するんです。

 

だって他にキャッシュポイントがあるんで、

今やっている仕事にこだわる必要ないです。

 

彼らがどんな能力に優れているかというと

単純に仕事を作る能力、これです。

 

まぁ箕輪さんと西野さんを見ていれば

もう仕事を作れればどんなことにも

困ることはないとわかりますよね。

 

新社会人の人は仕事を作る練習を!

 

今回は社会人のために仕事を

作るということについて紹介しました。

 

しかしもちろんこれはすぐに

できることではないと思うんです。

 

それなら少しでも早くできるように

日頃から練習をしてください。

 

仕事を作るの最初のスタートは

自分ができることとみんながやってない

ことをリサーチするところから

始まります。

 

しっかりとこれからのキャリアで

後悔したくなければ実践してみてください。

 

今回はここまでです、

ありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントありがとうござます!

    そうですね、やはり
    多くの社会人、大人たちには
    仕事はやらされるものという
    風習や価値観が存在します。

    その中で自分で仕事を作るのは
    とても難しいことですが、
    それをすることができる人は、
    いつになっても生活には困らない
    人材になると思います!

    これからも記事を更新していくので
    IDeals様もまたご覧ください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。