うまくいく就活生とその他の違い

 

こんばんは、

徳永(@otokubloger)です。

 

さて、少し記事を更新する頻度が

落ちてしまいましたが、、、

 

これからも少しづつ更新頻度を

あげて価値を提供できたらと思います!

 

就活生の4割が内定を決めました!

 

就活生の人は知っているかも

しれないですが、、、

 

現在の統計で全新卒の就活生の

4割が1つ以上の内定を取っている

という状況です。

 

刻一刻とタイムリミットが

迫っているこの状態で少し焦り

感じている人もそろそろ出て来たでしょう。

 

「そうですよね汗焦りますよね」

 

焦るのはよくないという風に

周りの大人はいうかもしれないですが

実は焦るのは悪いことじゃないんです。

 

就活生はむしろ焦ろう!

 

だって就活にはタイムリミットが

あるのに焦ってない人って普通に

ヤバくないですか!?

 

それは就職しなくてもいいひとか

もう諦めてしまった人だけです。

 

それなら少しでも焦って

内定内定と渇望した方がいいに

決まってますよね?

 

そうです、焦らないといけないのです。

必死こいで内定を焦りましょう!

 

就活生は焦っていいけどこれは守れ!

 

就活生が焦っていいけど

なんで大人は焦るのがいけない

ことだと勘違いしているのでしょう?

 

それは単純に焦ると能力が落ちる

そんな風に思っているからです。

 

もちろんです、内定がもらえない

面接で緊張しまくって何も話せない。

そんな感じになるなら、焦るなって

言いたくなりますよね笑

 

その考え方はあってるんです。

テンパって何もできないなら、

そりゃ焦るなって話です笑

 

しかしそんなことを通り過ぎて

意識してほしいことがあります。

 

それが自分を通してほしい

たったこれだけのことです。

 

今僕がやっている公式ラインでの

サポートや有料でしているコンサルで、

普通にしてもらえば高い確率で内定は

もらえると確信しています。

 

しかしこの自分を通す、これが

できないと正直僕のやり方では少し

厳しいと思います。

 

これはもちろん内定をもらって

実際に働き始めた時にも言える

これから一生続く法則です。

 

就活生が自分を通すとどうなる?

 

就活生が自分に自信を持ってるとか

持ってないから自分を通せないとか

そんなことは正直関係ないです。

 

それを言っていたら自分に

自信のある人しか内定をもらえないのか?

というと別にそうではないですよね。

 

それは自信がなくてもそんな自分でも

突き通す人がいるからなんです。

 

自分を突き通す就活生の見え方とは?

 

自分のことを捨てて、

平気で嘘をついて自分を大きく見せて

行く気でもない企業の面接でペコペコする。

 

もちろんそれを否定するわけ

ではないのですけれど、

 

それはこの前行った就活のための

就活になってしまってるなーって

多分自分でも気づいてるんですよね笑

 

こんなんじゃ多分就職しても続かず

3年も経たずにやめてしまって、

その後もやりたいことが見つからず

だらだら過ごしてしまうんだろう、、、

 

なんでこんなことになったんだ、

そうです、面接で妥協して自分を

殺して内定をとったからです。

 

逆に面接で自分を突き通す人は

やはり入社後の展開が全然違います。

面接官はこれまでも何人も人を見てきた

 

いわば人を見るプロです。

そんな人を前に偽りの自己PRも

志望理由も見え透いているんですよね、

 

それよりも下手でもしっかりと

事実で自分の思ってることを発言する

そうしていればあなたの言葉は面接官に

ちゃんと届くようになってます。

 

もちろん、スキルを否定して

練習や勉強をしなくなったら、

完全に終わりです。

 

しかしそんなに焦って、

取り繕わなくても大丈夫ですよ!

 

就活生のあなたに今できること

 

もう内々定をもらってる人、

内定を出して今は第一志望や

もっとレベルの高い大企業の面接を

受けている人も、、、

 

もちろんまだ動いてない人も、

今回の記事で伝えたことはしっかりと

意識して欲しいと思ってます。

 

就活には終わりがある。

もちろん就活を失敗しても

色々な道があるというのは事実です。

 

しかしやはり目の前の就活は

しっかりと成功して欲しいです。

 

なので焦って急いで内定を

狙いに行って欲しいんです。

 

自分を殺さずに内定をもぎ取る

これは大変なことですが、

やはり重要なことなんです。

 

今回はここまでです。

ありがとございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。