就活、楽しんどかないとあとあとしんどいよ?

 

こんばんは、

徳永(@otokubloger)です。

 

就職活動をしているとやっぱり

多くの人がこんな風に思ってます…

 

就活生
就活終わりてぇぇぇぇこんな事で就職とか無理ぃぃぃぃぃぃ

 

それはそうですよね、だって

就活が楽しくないのにそのあとの

就職後の毎日が楽しくなるわけないです笑

 

それに就活が楽しくない人って

どんな人かっていうと就職に希望を

見出せない人がそんな就活をたのしむ

なんて正直不可能に近いです。

 

それならまず何を改善すればいいの?

そんな問題を今回は考えていきましょう!

 

就職活動ってそもそも辛いもの?

 

『就活が辛い』これって真実ですか?

多分みんな、周りの空気に合わせて就活が

しんどくてつまらないものだって、

思ってませんか?

 

話を聞いているとこんな人が多いです。

 

就活生
だって競争だしね
就活生
就活が楽しいわけないじゃん
就活生
先輩とか親がしんどいものって

 

そうやって、周りの価値観とかで

就活は楽しくない、辛いものだって

決めつけると本当にしんどくなるんです。

 

人間の状況判断や価値基準は、

周りの人や所属している環境に

大きく左右されてしまうものです。

 

別にあなたの意志が弱りとか

そんな事じゃないんです。

人間ってそんなものなんです。

 

学生時代の校歌斉唱が特にいい例です。

周りの人が歌ってないと、自分も

「あれ?これ歌っていいやつ?」

 

こんな感じになって結局歌わない

そんな経験誰でもあるはずです。

 

これが環境によって行動が

左右されてしまうという事です。

 

周りの人の声はもちろん大事です。

しかし全てを飲み込んで受け入れると

就活という行動が辛いものに

そしてそのまま仕事はつまらない

 

という思考に変わっていって

しまうんですよね。

 

そんな事言っても就活の何が楽しいかわからない…

 

でもそもそも続けてみたけど

就活辛いよ?これはどういう事?

そんな風に思う人っていますよね。

 

そんな人に言いたいことはこれです。

競争とか成長って楽しくない?

 

不謹慎かもしれないですが、

僕は就活は結構ゲームの要素が

強いと自分では思ってます。

 

(僕はゲームをほとんどやんない笑)

 

今クリアできてない問題をクリアして

自分自身のレベルが上がっていく。

これってそんなにつまらないもの

ではないと思いませんか?

 

もしそれほど競争に興味がない

って人も自分の成長が感じれるなら

そんなに辛いということもないです。

 

勉強が嫌いな人はいても

成長ができないことができるように

なる過程が嫌いな人はいない。

 

ビリギャルで有名な坪田先生も

こんなことを言っています。

 

そう、就活はゲーム、

その感覚を持っていれば

就職してからも仕事を楽しむ

ことができるのです。

 

就職楽しくても仕事って楽しいの?

 

では次は仕事が楽しいか?

この問題をみていきます!

 

確かに楽しんで就職活動を

終えることができても、社会に出ると

その常識や空気感につまづいてしまう

そんな人もたくさんいるでしょう。

 

特に教師という仕事はそういう

人が多いですよね。

 

就活生
確かにブラックだよな

 

そういう人は選択肢を多く持とう

 

前回の記事で選択肢を持つのは

今やりたいことに集中できない

とか言っときながらこんなことを

いうのは戸惑いますが、、、

 

しかしここはケースバイケース

状況次第なので言っておきます。

 

⇨選択肢が多すぎて行動できないあなたに

 

仕事が楽しくないってそんな人も

もしかしたらいるかもしれないです。

 

それは本当に人それぞれですけど

全くないなんてことは言えません。

 

・その仕事自体が好きじゃなかった

・現場の人間が好きじゃなかった

・そもそも会社に雇われるのが会ってない

 

なので自分の中で多くの選択肢を

持っていつでも変えることができる

それが理想的な形かなって思います。

 

・何かやりたい仕事を考える

・できるだけその環境を知って入社

・副業の勉強を始める

 

こんな準備は誰でもできます。

 

入社してからも気をつけてほしいこと

 

でも準備していても気をつけて

ほしいことはあります。

 

それは仕事が楽しいとか

楽しくないとかも人は環境に支配される

ということなんですよね。

 

先ほども言いましたが、

人間は決断のほとんどを

環境や周りの人間で決められます。

 

仕事もおんなじなんですよね。

仕事場の同期や上司などが、

だるそうに仕事をしてると、

支配されてしまうんです。

 

就活を楽しむ3つの方法とは!?

 

ではその就活を楽しむためには

どんなことをすればいいんでしょう?

 

中盤で就活はゲームの要素が多い

という風に紹介しました。

 

その意識を持って就活に臨んでもらい

内定を撮りまくってほしいです!!

 

就活を楽しむためには①:目標をつける

 

まず最初にゲームなので

クリアする壁を自分で設定します。

 

これがないとただただ内定という

誰もが一緒に走っている道を進むので

確実に流されてしまいます。

 

なので、できるだけ自分で

ガチッと目標を決めて進んでください。

 

就活を楽しむためには②:一緒に走ってくれる人を見つける

 

次はライバルですね、これ大事!

一緒に同じ価値観で走ってくれる

人がいるとクリアまでいきやすいです。

 

部活動ってそうですよね?

1人できつい練習は気持ちが

折れてしまうかもしれないけど

仲間がいるから頑張れたでしょう?

 

これは表面上ではできてるって

思ってる人も多いかもしれないです。

 

しかし一緒に就活しんどい〜って

嘆きながら愚痴を言い合うのは

ライバルじゃなくて馴れ合いです。

 

そんなんじゃなくて本当のライバル

相手も就活を楽しんでいることが

本当に肝になってくるんです。

 

就活を楽しむためには③:ご褒美をあげる

 

やっぱりゲームって言っても、

一日中ずっとゲームをやってたら

流石に疲れますよね?笑

 

何で頑張った自分に

ご褒美をあげてください。

 

できるだけ①で高い目標をつけてください。

3つくらい目標を立てるのがいいです。

 

1つ目は本当に頑張らないと達成

できないガチなハードル。

 

2つ目は少し頑張ったら達成

できる目標、どうにか努力して

ここは達成したいですね!

 

3つ目は本当にデットライン、

これが達成できないとやばいです。

死んじゃうかもしれないです。

 

そしてその3つの目標別に

ご褒美を考えてみてください!

 

就活はやり方次第で本当に楽しい!?

 

さて、今回は就活を楽しめないと

本当にこの先仕事辛いよ?

ということを話しました。

 

さて、就活はしんどいか?

それは人それぞれです。

 

しかし多くの人はしんどいって

言ってる人に合わせておんなじ感情を

生んでいるんですよね。

 

 正直就活を楽しんだことの

メリットや未来のことも話したかった

んですけどそれはまた今度話します。

 

周りに流されず今までの

就活にとらわれずにこれから

楽しんで就活というゲームを

クリアさせましょう。

 

では今回はここまでです、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。