就活生が面接で逆質問された時の対処法とは!?

 

どうも、徳永(@otokubloger)です。

 

就職活動をやっててもなんでも

何か予想外のことが起きる時って

なんかテンパってしまいますよね?

 

僕も面接の時はなかなか

うまくいかなくて、最初の方は

本当に苦労しましたね。

 

就活生
最初は慣れるまですごい時間がかかるよなー

 

そうですよね、なかなか

普通に緊張せずにリラックスして

面接をしてくださいって言われても、

なかなか簡単じゃないんでよね笑

 

それならここで対処法を

知って本番でも適用しましょう!

 

逆質問は怖くない!逆に内容で相手に響かせろ!

 

「他に何か質問はありますか?」

これを徹底的に利用して

逆に評価に繋げましょう!

 

逆質問が怖い理由ってなんでしょう?

それは何を言うか決めてないからと、

どんな質問がいいのか知らないからです。

 

逆に考えて見ましょう。

それは企業側がどんな質問を

待っているのか?というのを知って

あなたが準備をすれば大丈夫です!

 

就活生の中で逆質問の回答を

用意してない人が多いから、

逆質問が怖いという意識が

就活生の中で広がってるんです。

 

ということは多くの人は準備を

していないということ、それは

準備すれば一気に周りのライバルに

差をつけることができるということです。

 

就活で面接官が逆質問をする理由

 

では、なんで就活では面接官が

逆質問をしてくるのでしょう?

 

そこを知ることで何を言えば、

面接官からの評価を得ることが

できるのかがわかるかもしれない

ですよね!!

 

就活生
確かに面接官がなんの意図を持ってるのか知らないと!💦

 

就活で面接官が逆質問をしてくる

理由は基本的に3つほどあります。

 

順番に答えていきますね!

 

就活で面接官が逆質問をする理由①:相手の意欲を知りたい

 

“徳永”
あなたは本当にその会社に入りたいんですか?

 

当たり前ですよね、もちろん

第一志望ではないかもしれない

ですけど、少なくとも少しでも

魅力を感じているのは確かです。

 

では面接官があなたのやる気を

感じる所はどこでしょうか?

 

普通の自己PRや学生時代の取り組み

それはあくまであなたがこの会社で

戦力になるか?というのを見ている

所が多いですよね。

 

その企業に対して本当に興味があって

企業のことをしっかりと調べて、

疑問を持つ所まで深掘りしているか?

 

というのがこの逆質問で見れます。

なので前提としてあなたはその企業の

ことをしっかりと知らないといけません。

 

就活生
確かにその企業のことをしっかり調べてないと質問なんてできないよね

 

そうですね!なのでしっかりと

内定をもらいたい企業のことは

下調べをしておきたいですね!

 

就活で面接官が逆質問をする理由②コミュニケーション能力や自発性

 

基本的に面接というのは

こんな形で進んでいきますよね?

 

“徳永”
あなたの長所と短所を教えてください

 

就活生
はい、私の長所は〇〇、、、

 

こんな感じで進みます、

しかし逆質問をする時は

完全に何か言わなければいけない

状態ではないんですよね!

 

つまりあなたは「特にないです」

という権利があるんです。

 

なので発言する、何か疑問を投げる

これだけで少なくとも自発性

コミュニケーション能力がある。

 

という風に捕らえられていると

思ってください。

 

別に質問しないからダメという

ことではないんですけど、

就活はバトルなのでした方が

アピールになります。

 

就活生
自発的に動けるというのが強みなんですね!

 

就活で面接官が逆質問をする理由③社風との相性を見る

 

逆質問は面接官ではなくて、

あなたが質問を考えてするので、

少なくとも少しあなたの性格が

見えることがあります。

 

質問だけであなたの性格や

タイプを見られるのはあまり

いい気分じゃないですけど、

 

やはり企業は自社にあった

人材を探しているので質問を

してもその内容が企業側の社風に

あってなかったらダメな時もあります。

 

“徳永”
でも質問をしないのはもっとNG!

 

では就活生はどんな逆質問をすればいいのか?

 

逆質問の例に関しては、

いくつかあるのですが、、、

 

ここではあまり詰め込んでも

実践できないので特に重要ないくつか

を紹介していこうと思います!

 

“徳永”
1つでも実践に移そう!

 

就活生がするべき逆質問①入社している未来を見せる

 

このことに関してはこの

ブログでも再三言っている

ことなんですけど、、、

 

面接の大きな意味って企業側

からしたら自分らの企業でこれから

一緒に働いていきたい仲間を

探す活動なんですよね。

 

それならこの逆質問でもすること

はかなり絞られてきます。

 

◯入った時に持って
おいたほうがいいスキル

◯リーダーやマネージャー
などに求める条件

◯入社までに準備して
おいたほうがいいもの

 

このような入社の時のことや

必要なスキル、昇進に関することや

仕事の中身、評価に関する質問を

することで未来を見せられます!

 

就活生がするべき逆質問②自己PRで言えなかった事を絡ませる

 

面接の途中とかでも

「これ言ってないよー」

って事は多いですよね?

 

それならそれを逆質問で

少し見せておきましょう。

 

◯こんな資格を取っているけど
それを御社で使うことはできるか?

◯前からこんなことが好きなんですけど
御社ではどんな取り組みをしているか?

◯こんな事を頑張ってきましたが御社で
働く時どんなことに励めばいいか?

 

こんな風に自己PRで言えなかった

という事を質問に絡ませて、

質問をして見ましょう。

 

しかしこれはあくまでも逆質問、

アピールアピールが前に出すぎて

面接官に察されると少しまずいです

 

さりげなくなんとなく

自然に入れて質問しましょう。

 

就活生が逆質問でしてはいけない質問

 

もちろんですが逆質問にも

マナーしてはいけない質問

あるので忘れないでください。

 

せっかく質問したのに、

内容がNGで逆に悪評価をもらう

という事もありえます。

 

“徳永”
せっかく質問したのに悲しいよね!

 

就活生がしてはいけない逆質問①もう話している事

 

これは鉄板ですね、

もう面接官や他の就活生が

質問をした事を再び質問するのは、

 

周りの話を聞いてないということで

逆効果な質問内容ですね。

 

“徳永”
周りの話を聞いてないのか!

 

という風になってしまって、

当たり前ですよね。

 

なので面接中も他の面接者が

話している時や質問している時も

話を聞いて自分ごとに考えましょう。

 

就活生がしてはいけない逆質問②休みや待遇に関する質問

 

◯有給はどれくらいでもらえますか?

◯現場ではどれくらい残業がありますか?

◯福利厚生にはどんなものがありますか?

 

など、仕事には関係ない、

すでに休みや待遇を気にして、

仕事意欲を感じられない質問は

完全にNGですね。

 

それではうちの待遇によって

働いてくれないのか?って

面接官が思ってしまいます。

 

“徳永”
大事だけど流石に仕事の事だよね笑

 

そうですね!あとは1つ、

もう会社のHPなどに載っている

会社のサービスや製品に関する

質問もNGですね。

 

しっかりと会社のHPも調べて

質問内容を考えましょう!

 

準備をすれば就活生も逆質問を恐れなくていい!

 

今回は面接の中でも特に

就活生が不安な逆質問について

紹介してきました!

 

どうですか?逆質問に対する

恐怖心は少しでも薄れましたか?

 

逆質問は確かに準備を怠れば

抵抗すらできないことです、

しかし準備さえすれば周りに差を

つける武器になれるので準備しましょう!

 

“徳永”
準備してライバルに差をつけよう!

 

今回はここまでです、

ありがとうござました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。