大学生って大学にいく理由とかわかってる?いく理由を知ってる人と知らない人の違い

 

どうも、現役大学生フリーランスのおとく(@otokubloger)です。

大学に入りたての1回生の人も、あと1年で卒業の4回生の人ももちろん2.3回生の人も大学生活楽しんでますか?

大学4回生になってもう週に2回しか大学に行かない僕も本当に心から大学生活について思うことがあります。

 

“徳永”
大学生活ってこんなに早いの!!

 

大学生活が始まって3年と2ヶ月ですけど、ここまでのスピードってすごいんですよね。

いや、本当にもうこんな時期!?3月には就活だし、僕は就活をやめたので、もう卒業論文を作って行かないといけません。

 

大学に行く理由をわかってないと本当に後悔する

大学に行く理由ってあなたはわかってますか?というか決めてますか?そう、大学生活では中学校や高校と違って色々な縛りから解放されることが多いです。

20歳になればお酒も飲めるしタバコも吸える。それに1人暮らしも大学からする人が多いですよね。

そんな風に自由なことが増える大学生活だからこそ理由や意味を考えたり信念を持つことが大事なんです!

 

“大学生”
大学にいく理由って勉強?遊び?バイト?学歴?

 

僕はどっちかっていうと大学をエンジョイしている方なのですが、(パリぴ的な充実ではない…)

その中で僕が感じた大学に行く理由を考えるべき理由(なんかややこしい…)とそこに繋がる話をしたいと思います。

 

大学生の9割は大学に行く理由を作ってない

 

僕は高校の時に「ホテルマンになりたい!」と思って、大学進学を決めましたが、高校生からした大学生ってやっぱ大人って感じですよね?

でも実際に大学に入ってみたら意外と子供で自分たちもそこまで大人になりきれてない感も感じてました。なんか切ないですよね…

でもそれは大学に行く理由を僕も決めてませんでした、それどころか大学生の9割は大学に行く理由を決めてないです。(経済学部とか、経営学部って…)

 

“経営学部”
喧嘩売ってんのかーo(`ω´ )o

 

そうじゃないんですけど、なんかそういう偏見ありませんか?実際に僕はこうやってフリーランスをしていて大学生からビジネスを始める人が周りに多いんですけど、、、

やっぱり大学がつまらないからビジネスを始めるって人が多いんですよね、、、でもそれってつまらない環境を自分で作ってるんです。

大学にいく理由をしっかりと決めて、その価値を知れば確実に大学生活は面白く充実して進んでもう4回生…なんてことはなくなるでしょう!

 

大学に行く理由を決める前の質問

 

あなたが大学に通うために必要な資金ってどれくらいだと思いますか?自分で学費を払ってる人もいますが、そうでない人は学費を知らない人も多いんじゃないでしょうか?

 

“大学生”
確かにお金払ってる感覚が薄いよな…

 

そうですよね、僕もこんなこと言ってますが自分がお金を払って大学に通ってるという感覚は薄いです。奨学金も借りてるのにやばいですよね…しっかりしなきゃ…

この大学へ通うためのお金のことを考えると2種類の考えが生まれて、大体の人はここに入ってます。

 

大学にいく理由とお金を考える人①何かしないとと焦る

 

大学に行かせてもらってる、奨学金も借りてる、ということは何かしないと自分に残るものがない、、、

でも大学に通うお金って毎年400万とかかかりますよね?それって本当にすごいことなんです。毎年400万分の価値を自分につけないといけない。

そう思ったら大学に行く理由とかじゃなくて単純に自信がなくなって何も行動できなくなるんですよね…これは結構陥りやすい状況ですが、やはり行動をしないのはNGです!

 

大学にいく理由とお金を考える人②何も考えなくなる

 

これも多くの大学生が陥るパターンですね、まぁ大体の人は考えないので考えてるだけでもすごいんですけど、、、

 

“大学生”
あぁ〜毎年400万かぁ〜今は考えるのやめよ…

 

そうなるんですよね、まぁ普通に毎年400万とか言われても無理ぃぃぃぃぃぃぃってなりますよね…笑

僕も大学1回生の夏にこの事に気づいて約2年は考えるのを放棄してました。やっぱり考えないとダメですよね…

 

大学に行く理由を考えるメリットとは?

では実際に大学に行く理由について話していきますね、大学に行く理由を考える事については3つメリットがあります。

 

  • 今するべき行動が見つかる
  • 親への感謝を忘れなくなる
  • 目的意識が習慣化する
 

大きく分けてこんな感じなんです。

 

ではそれがどんなところでいきてくるのか詳しく話していきます、大学生活を充実した意味のある4年間にしたいという人は必見ですよ!^ ^

 

大学に行く理由を考えると今、するべき行動が見つかる

 

これは専門的な分野を勉強しに行く大学生に多いですけど、将来こんな職業についてこんな仕事がしたい!という人は大学に行く理由がしっかり決まってて行動も見えてきます。

 

福祉や看護系の大学に通っている人はこんな人が多いですね、入る前から夢を持っていて、この職業に着きたいからこの大学に入ると理由がしっかりと固まってます。

そういう人はしっかりと時間を割いて、試験や実践の勉強を怠ってない人が多いですね。

しかし夢なんてないよーとか将来どんな仕事につくかなんて決めてないという人がほとんどですよね、、、安心してください。勉強だけじゃなくてもいいんです。

 

  • 大学では彼女を作って遊びまくる
  • たくさんの経験をして起業する
  • たくさんバイトをして海外を飛び回る
 

色々な大学に行く理由があっていいんです、でもせっかく毎年400万円使って通うんだから少しでも後悔しない自分の好きなことを理由にした方がいいですね!

 

“大学生”
因みに僕が大学に行く理由は夢を探すために多くの人と出会う為です。

 

大学に行く理由を決めると親への感謝を忘れなくなる

 

これは本当に大事だし必要なことだと特にこの1年で強く感じてます…本当に親の存在って今の僕たちに必要不可欠な存在です。

僕は親のこと大好きなんですけど、この1年でフリーランスとしてビジネスを始めるまでこんなに親のありがたみを感じたことはありませんでした。

 

1人くらしを始めたことや金銭的や精神的に追い込まれた時、自分が何か迷惑をかけた時に本当に親の存在は大きいです。「いつもありがとう」

そして大学に行く理由を決めるとその目標に向かって走りだします、そーゆー時に親のありがたみって思い知るんですよね〜。

 

“大学生”
何か頼った時にすぐに準備してくれるって難しいことなんだな…

 

その通りです、そうすると親のためじゃ無いにしてももっと頑張らないと!って思ってより行動する幅が広がるんですよね。

 

大学に行く理由を決めると目的意識が習慣化する

 

大学に行く理由を決めて、するべき行動が見えて、親への感謝を思い出して、それができると目的意識が習慣化するようになります。

何かやりたいことができた時、これをする理由を考えてそれを達成するには何をするのかが見つかりそして行動するこれを繰り返して目的を達成する。

これって大学生活以外にも使えるし、必要な習慣なんですよね。社会に出てもずっと使います。

 

僕は大学生活で得たものの1つとして、この目的意識とそれを達成する為のプラン形成が大きいと思ってます。

大学でイベントを作るようになって人を動かす時や事業をしてて何か頼む時、これがしっかりできてる人は頼む側からしてもとても信頼できるし、また頼みたいと思います。

目的意識を習慣化させる第一歩として大学に行く理由を考えるのはとてもおすすめのスタートになりますね^ ^

 

大学に行く理由はいつから考えても遅く無い!

 

さて、今回は大学に行く理由について少し考えてきました。これは僕の考えなんですけど、

早いに越したことはないにしても大学に行く理由を考えるのはいつでも遅くないと思ってます。

もちろん、今の僕の歳、大学4回生で考え出しても遅くないです。だって9割の大学生は理由を考えないんですから。

 

 

この記事を読んでどう思いましたか?大学に行く理由を考える必要なんていらないですか?だから行動しないですか?

あなたの1年間には家族や祖母がお金を払って通わせてくれてて400万円もかかっています。何かしたいとかこんな事をできたら大学生活楽しいだろう!

そんな風に考えることができてる人はこの記事をみて行動に起こしてくれると僕としても嬉しいです^ ^

 

では今回はここまでです、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。