大学生活を充実させたい?それならこれ読んでみる?

 

どうも、現役大学生のおとく(@otokubloger)です。

 

ふと思ったんです。

大学って人生の夏休みって言いますよね?

僕はフリーランスとして活動しているので卒業しても夏休みだけど、人生の夏休みなら充実させないと損じゃね?

 

そうだ!夏休みなら色々な経験をして自由研究をして、彼女と夏祭りに出かけてビーチでスイカ割って充実させないと!って

思う人ってどれくらいいるんでしょうね?

夏休みは充実させたいのになんで人生の夏休みしかも4年間もある大学生活を充実させないの?

僕は本当に疑問でしょうがないです。夏休みなら遊ぼーぜー!!

 

“大学生”
そんな事言ってると後で苦しいよ?

 

大学生活をまじで充実させる気あるの?

 

夏休みって言ったら心から喜ぶのになんで大学生ってそんなにつまらなそうな生活してるんだろ?授業は寝て、バイト行って飲み会行ってうぇーい。

 

それって本当に楽しいのかな?

 

どうせなら最高の大学生活にして充実したぁぁぁぁって完全燃焼した方がよくない?

僕は結構この4年間を通して本当にやりたい事大概やったかなーって感じなんですけど

(彼女と海外旅行はまだ…)でもたぶん残りの卒業までも大学生活を充実させられます。

 

“徳永”
彼女と夏祭りは本当に達成させたいけどこのペースだとむりや…

 

しかし大概は大学生活を充実させるためにやりたい事はできたので、今回は大学生活を充実させたい人に向けて、

僕がやった事を中心に大学生活を充実させるための行動を紹介します!

 

大学生活が充実しない原因とは?

授業だりー課題だりーバイトだりー飲み会だりーテストだりー車検だりー彼女がだりー資格勉強だりー就活だりー卒論だりーもう何もかもだりーな、、、

こんな何もかもだりーだりー言ってる奴って本当に時間を無駄にしてるって気づいた方がいいよ?

せっかく人生の夏休みなんだからやりたい事やって大学生活最高に充実させよーぜ!

 

しかしこの感覚を持つにはやっぱりだりーだりー病から抜け出さないといけません。

だりーだりー病?何それ美味しいの?

 

“徳永”
最高に不味いです!

 

この病気にかかると本当に大学生活を充実させるなんて夢のまた夢、それどころか…

 

本気で大学生活を充実させたやつは社会でも生きる

 

よく、社会に出て、大学生活とのギャップにしんどくなって鬱になるって聞きますよね?

それって僕的には気のせいなんじゃないか?って思ってます。だって社会人の方がやれる事多いじゃないですか?自由がないのではなくて自分で縛ってるんです。

 

“徳永”
社会=社畜で自由がないって洗脳されすぎ

 

その洗脳をとかないと本当にずっと楽しい時間なんてこないですよ。洗脳からは自分で脱却しないといけないです。

 

環境と洗脳の話はこちnら

 

環境の洗脳から脱却するのに必要なことについてはここで綴ってますので読んでみてください。

 

でもその逆もあって大学生活を本気で充実させる事ができたやつって社会に出てもまだ夏休み気分が抜けてないので最高に楽しい社会人生活を送っちゃうんです。

 

人生に置いて夏休み気分が抜けないって最高な状態だと思ってくれていいです!

 

大学生活の充実と夏休みの共通点

大学生活の充実と夏休みって何かあると思いますか?それは自由という事です。

夏休みってなんか自由度高いですよね?普段なかなか体験できない事をしたり、夏休みの課題もいつやってもいいし、(僕は確実に後半で焦るタイプ)自由です。

 

大学も自由なんです!何やってもいいんです!なのに何もしないとか自分のできる事しかしないって勿体無くないですか?

どうせなら永遠に語れる失敗とか無駄なことに命かけてぶっ飛んだ事をした方が面白いですよね?

 

でもやらないといけないことに縛られすぎて何も行動できないのが多くの大学生です、それは充実とは遠いよーってなりますよね。

それならやりたい事をしっかりとみて、その片手間にやらないといけない事をできるようにまで計画と実行を繰り返すしかないです!

 

大学生活を充実させるためにしたこと

 

ではここからは僕が大学生活をしていて特に楽しい!これやってよかった!って思った事をいくつか紹介していきたいと思います。

もちろん、これは僕の中の大学生活を充実させるためにした事なのであなたは自分にあった事をしてくださいね!

 

大学生活で充実した経験①バイト以外で稼げた

これは今もそうですけど、本当に大きいです!大体の大人や学生はバイトをして人に雇われる事でしか稼ぐ事ができません。

それを自分のスキルや知識だけで稼ぐ事ができたのはとても大学生活を充実させる事ができた経験の1つでしょう。

 

これがないと多分、僕も周りに合わせて就活して就職して、だりーだりー言いながら仕事をする羽目になったんでしょうね。

僕の場合はネットでしたが、今の時代ネットビジネスとかじゃなくてもそういう経験を積むことってできるんですよね。

自分の得意な事をストリートでやって投げ銭をもらったり、趣味を極めて人に教えたりとか。

 

大学生活で充実した経験②計画性0の旅行

確か去年の4月とかその辺だったと思うんですが、ある金曜日の深夜にこんな事を思いました。

 

“徳永”
あれ?この土日暇じゃね?

 

という事で金曜の深夜に思いついて土曜日の朝一の新幹線で東京に1人旅に行った事があります。

本当は海外にいきたくて台湾とか行ってみたかったんですけど、考えてみたらパスポートがないので海外にはいけませんでした。

それで金沢とかそっちの北方面に行くか、東京に行くかで迷って結局東京でしたい事がたくさんあったので行くことに。

 

いろんな事をしたくて結局徹夜で深夜3時から5時までその日にやりたい事を考えて紙に書き出して東京に向かいました。

記憶はもうあんまりないけど、とにかくなんか最高な気分だった。うん、充実した。最先端の面白いに触れて、

初めての1人バーも経験して、流石に2日目の朝は眠すぎてスタバで2時間くらい爆睡してた。

 

いろんな事をしたけど

本当にやってよかったって思ってる。

 

大学生活で充実した経験③同世代で頭おかしい人脈が増えた

これは本当に行動の行く末なんですけど、色々フリーランスとかで活動してると人脈が増えて面白い人がたくさん集まってくるんですよね。

大学内でも面白い人ばかりに囲まれて、あれをこうしようこれを作ろうとかいろんな話をして開発や改良に全力を注いでました。

 

そんな時にふと思ったのがこれが好きなことに没頭してる、大学生活が充実しているっていうんだろーなーということです。

確かにバイトの飲み会やサークル活動、コンパいろんな楽しいがあるかもしれないです。

 

でもやっぱり周りに流されずブレない自分を持って、少しでもバカなやつとバカな事を全力でやりたいというのが僕が大学生活を充実させるために重要だと思う事です。

 

大学生活を充実させたいならまず常識を捨てるところから

 

さて、今回の記事では大学生活を充実させるにはどうすればいいのか?について話してきました。

人生の夏休みとも言われる大学生活を充実させられないなんてそんな勿体無い事ないです。

 

ここで大学生活を充実させるための最後の法則ですが、基本常識を捨てて、動く方が楽しいです。

なのでそのためにも環境の選択はとても重要なんです、あなたと一緒に最高にバカな事を全力でしてくれる人脈を大学の中で作っておくと大学生活はいやでも充実したものになります。

今、あなたが何回生だとしても、遅いなんてことはないです。僕もあと1年もっと大学生活を充実させようと思います!

 

では今回はここまでです、

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。