大学生活で20代は決まる?あれ?なんかこのタイトルどこかで…

 

どうも、夢なし大学生の

おとく(@otokubloger)です。

 

よく、20代で人生の9割が決まる!みたいな本とかよくありますよね?これって本当なんですかね?

 

“徳永”
正直わかんないです

 

そうですよね、だって僕まだ21歳なんで笑

 

でも僕はいろんな社会人の人とか仕事をしている人をみて、思うんですけど、大学生活で20代の生き方ってすごい決まるんじゃないかな?って思うんです。

 

今回はそんな人生の9割を決める20代を決める大学生活ではこんな生き方をしてほしい

ということを大学生のあなたに届けたいと思います。

(なんかすげーややこしいな)

 

もちろん社会人からでも遅くはない!

最初に言っておきますが、あくまでも大学生活の意識次第であなたの生き方が大きく動くということであり、

何も社会人で大学生活で何もしてない人が今から動いても無駄ということではないので!

 

“徳永”
行動して変わるのに遅いとかないんで!

 

社会人になっても新しいことを初めてみたり、自分のキャリアアップを測って、副業やフリーランスへの決断をするのはいいことです!

ブロガーとして脱サラして独立したあんちゃさんもこう言っています。

 

僕もこれには意見が一致してるけど、しかし今の大学生にはこんな思考にはなってほしくないです。これはあくまで社会人のあんちゃさんの意見です。

 

今の大学生にはこう思ってほしいですね!

 

なんで大学生活が20代において大事なのか?

 

これはまず、自分の人生に対してそこまで大学生活が重要度が高くないと思ってる人に言っておきたいです。

社会人になったらもちろん今のまま自由でいることはできるんですけど、

社会人になったら難しいことでも学生なら迷わず行動できる、承認してくれる

ということが多いです。

 

例えばすごい社長さん、これは社会人になってからでは会いたくても相手に興味を持たせるのは少し難易度が上がります。

しかし学生という立場を利用すれば色々な形で社長さんや独立してフリーランスとして活躍している人と会うことができます。

それはもちろんその人も若いエネルギーやアイデアを欲しているからです。

 

こんな風に大学生だからといって、そこまで重要性の高くないことばかりするなら

いろんな経験をすることができる今の時間を大事にしてほしいです。

 

大学生活を充実させるためには?

 

大学生活でどう20代を変えるのか?

では大学生活をどう過ごせば20代の人生を変えることができるのか?

それをここから3つ紹介したいと思います。

 

もちろん今回紹介する3つ以外にも色々な大学生活の生き方があるんですけど、

今回は僕が実践した大学生活で本当にした方がいい経験を話しますね!

 

“徳永”
僕がどんな考えで大学生活を送ってたのか?

 

大学生活で20代を変える方法①:大学で0,01%の存在になる

もちろんこの枠組みが広ければ広いほどいいと思いますが、大学4年間でその大学の0.01%の存在になりましょう。

そこまでなることができれば社会に出て、大事な20代を支える十分なぶランディングになるでしょう。

 

大学によって学生数は違いますが、0.01%の存在になるには間違いなく100人に1人のことをしないといけません。

 

・勉強もいいですし、

・運動でも

・1000年に1人の美少女になったり笑

 

なんでもいいんですけど、できるなら他の人がやってないことで希少な存在になると社会に出ても希少な存在になれますね。

 

ちなみに僕の場合はおそらく3つほどあります、

まずはビジネス、これはうちの大学でしているのはおそらく5人もいないので、

この段階で0.01%の存在にはなれますね、あとはイベント運営の代表を3回やったとか

ブロガーとして収益を出してるとか多分細かく見るとたくさんあると思います。

 

そして社会に出ても会社で0.01%、社外でも、同い年でも業界でもというようにどんどん枠組みを広げていけばいいと思います!

 

大学生活で20代を変える方法②:この人についていくという人を見つける

いわゆるメンターというものですね、この人についていって色々人生経験を積みたい

そういう人を見つけると素晴らしいです。

 

そしてできるなら大学在学中に何かの結果でその人に勝つことを目指しましょう。

僕は僕をビジネスの世界に引き込んでくれた人をすごい尊敬していて、あと10ヶ月でブロガーとして勝てればと思ってます。

 

その人はブロガーじゃないからまず土俵が違うんですけどね笑

 

僕の同級生の仕事仲間に社長の秘書さんをしている人がいるのですが、その人はもうすぐ起業して、社長になるそうです。

 

大学在学中にそんな選択をするなんてとてもすごいことですが、やっぱり、誰かこの人に勝ちたいと思って、そのためにできる努力は全部したい

そんな意志で毎日楽しそうに、苦しんで生きている行動の鬼のような人です。

こんな人が同級生でしかも知り合いにいるなんてすごい光栄だし、何かできたらと思ってます。

 

あなたも親でもいいし、先輩でもいいですし、バイト先の誰かでも本当に誰でもいいです。

しかし守ってほしいのは自分よりはるかに先にいる人で身近な存在がいいです。

そして何が何でも大学在学中にその人に何か1つでいいので勝つ。これを目指してください。

 

大学生活で20代を変える方法③本気でお金に困る

よくお金よりも大事なものがあるって言いますよね?しかしそれをいっている人って本当にお金の価値をわかってない大人なんですよね。

そしてそんな人の共通点は本気でお金に困ってことがないです。

お金の重要性や価値を本気でわかっている人はお金で失敗したり、本気で困った経験を持ってます。

 

明日食べるものに困るとか来月の家賃が…とか本気でお金に困る経験をすれば

明日から何か明確な目標を持って行動しないとまた同じ地獄をみるということを

肌で感じているのであんなにも鬼のような行動力があるんです。

 

僕は残念ながら死ぬほどお金に困ってないです。それは別に自分の才能で稼いでるからとかじゃなくて親に甘えすぎたからです。

 

とにかくお金に貪欲になって渇望するまで貧乏を経験することも時には重要です。

しかしここで一応注意喚起しておくとお金よりも人とか信用の方が大事ですよ

 

僕はこの信用を全て失った経験はあるのですごくわかります^ ^

 

大学生活は20代を決めるのに4年しかない!?

 

普通に考えてみてください。20代って10年間ですよね?しかし大学生活は4年間です。

たった4年間でおよそ8年の生き方が決まってしまうんです。

 

それは20代の生き方で人生が決まるというものと同じような危機感です。

あなたはこの4年間で本当に色々な経験をして、人生を変えないといけません。

そのためには今回紹介した3つの行動を経験、そしてその他にも色々な目的意識を持って行動しないと本当にあっという間に過ぎ去ります。

 

大学に行く理由を考えたことある?

 

あなたはどんな行動や経験をこの4年間でしますか?

 

今回はここまでです、

ありがとございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。