大学生は失敗をエントリーシートの得意分野に書けるくらい失敗してほしい

 

どうも、失敗だらけの人生の代表の

おとく(@otokubloger)です。

 

大学生だけに限らず今の日本って失敗=悪いことっていう風潮が出来上がってますよね?

何か失敗したら次のチャンスがもらえない、否定され、人格すら否定されてしまう。これってなんか気持ち悪いですよね?

 

1度のスキャンダルで芸能界を引退までさせられるタレントや、スポーツでも失敗することがかっこ悪いみたいな指導や教育正直嫌いです。

失敗は悪いこと、何もかも許容していたら失敗癖がついてその人の人生も全部、失敗で終了してしまう。

少しわかったことがありました。こんな考えの大人がたくさんいるからこんな社会になってしまったんですね。

 

今回は人生を失敗の連続で今も失敗しまくっている失敗の達人、失敗請負人の僕から大学生に向けて失敗することは決して悪いことじゃないということについて話していきたいと思います。

 

大学の失敗=悪という教育はクソだ

本当にこれは大学だけじゃなくて家庭教育から始まってずっと日本の教育界の闇だと思ってるんですけど、失敗を否定しすぎなんですよね。

テストで悪い点を取った、面接で失敗してしまった。バイト中にお皿を割ってしまった。こんなことでその本人を責めるのは正直、異常というかクソ教育だと思ってます。

 

ドッチボールで友人のたかしくんの顔面にぶつかってしまってたかしくんが泣いてしまったら、ぶつけたゆうじくんは確実に先生、親、友達に怒られて、自分は悪いことをしてしまったんだな。

と決してその行動が悪かったかどうかに限らず、悪いことをしたという反省が脳裏に焼き付いて無意識的にドッチボールができなくなります。

 

そうやって無意識的にやれることがどんどん少なくなって、成功しないとという意識が強くなり、失敗=悪いことで怒られるという意識が出てしまいます。

 

失敗を責め立てるのは日本だけ?

僕は外国に行ったことはないのですが、よく留学に行っていた友人や海外旅行やバックパックをしていた友人からこんなことを聞いたりします。

向こうでは失敗しても日本みたいに嫌な顔されない

あぁー多分ここに日本と外国の教育の違いが出ているんだろうな、毎回その話を聞くとそう思います。

 

アメリカに行った友達の話ではアメリカではカフェでバイトしていてもしお皿やグラスを割ったとしてもお客も店長も笑いながら対応してくれるって聞きます。

 

おぉーやっちまったなー^ ^

 

そんな感じで軽く笑っているそうです。

いやーこんな和やかなカフェだったらすごい働いていても楽しいし、失敗に対する恐怖心も抱かないですよね。

 

大学生こそ失敗をたくさん学んでほしい

 

大学生は割と失敗しやすい環境にあります。それは完全に一人暮らしなどをして、親や大人たちから離れて行動することができるからです。

大学やバイト先の大人とも話すことは多いと思いますが、そこまで近くにくる人は少ないでしょう。

 

なんども言ってますけど失敗は悪いことじゃないです、だからこそ、大学時代ではたくさん失敗をして経験を積んで欲しいんです。

僕もたくさん失敗しました、人からの信用を失ったり、迷惑をかけまくったり、逆に自分でなんでもやって、人から頼られなくなったり、

 

まだもちろん失敗だらけ成功しているとは言い切れません。でも失敗に失敗を重ねて、何もしない人たちよりは多くの経験やスキルを身につけていると思ってます。

何も行動できない人よりも失敗を恐れない行動できる人間になってください。

 

失敗=悪だから挑戦する人がいない

では失敗=悪の風習がついたのはなぜでしょう?それは失敗から引き起こされるあることが悪いからです。

それは失敗の原因を突き止めないということです。

 

もしあなたが上司や先輩として誰かに仕事を頼む立場にいるなら、「できない」人を避難するのはおすすめしません。

 

失敗を責められた相手は冷静な分析をする前に失敗が悪いことだからどうしたら失敗しないか考えよう

となって失敗が起きた原因について考えずに「そうか、挑戦しなければ失敗しない」という風に無意識的に考えてしまうんです。

 

そう、失敗が悪いんじゃなくて、失敗の原因を分析しないのが悪いことなんですよね。そしてそれを頭ごなしに叱るというのは3流の教育です。

 

筑波大学の准教授で今ではメディアでも引っ張りだこの落合陽一さんはこう言ってます。

 

『一緒にググる』正直これが日本教育の今あるべき形なんじゃないかな?って個人的には思ってます。

 

大学生は失敗をエントリーシートの得意分野に書けるくらい失敗してほしい

 

さて、今回は日本における大学生と失敗について話しました。

僕から言っておきたいのは大学生は失敗をエントリーシートの得意分野にかけるくらいには失敗してむしろそうやって内定をもらえた企業に就職して欲しいです笑

失敗=悪というのは古き悪き日本の考え方でクソみたいな教育理論です。そんなものに振り回されることなく失敗を怖がらずに行動と挑戦を続けて欲しいですね!

 

大丈夫です、失敗=悪がクソ教育だと思ってる人もたくさんいるので!

 

 

 

失敗は怖くないです!失敗を恐れて行動できないのが1番の恐怖!そんな日本のクソ教育は捨てましょう!

あ、でも自分の失敗は認めてくださいね笑 恥ずかしいことじゃないから人に押し付けるのはNGで!^ ^

 

今回のブログの関連記事!

 

🔻こちらの記事もあわせてどうぞ!

 

▶【閲覧注意】平日もやっと半分すぎて5月も終わるのに感情ブチまけであなたに伝えたい1つの思い

大学4回生で35人に向けて話した失敗の本質

やらない人の共通点、あなたは当てはまってる?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。