仕事×オタクの相性はまじでいいから今からでもオタクになっとけ!

 

どうも、オタクブロガーの

おとく(@otokubloger)です。

 

仕事オタクってなんかイメージよくないですよね?でも今からの時代って全然そんなことないんです!

 

僕は小学校5年生くらいからアニメとかが大好きになって、それからずっっとアニメを見続けているくらい

アニメのことが大好きです、中学生からはSKE48の松井玲奈ちゃんが大好きになって、アイドルオタクに、

他にも今ではブログオタクだし、色々なオタク要素のある正直少し前なら軽蔑されていた部類の人間だと思ってます。

 

でも僕はフリーランスになって、いろんな人と出会ったり、話したりしている時にオタクって最強のポジションなんじゃないか?ってことに気づいちゃったんですよね!

 

そう、子供の時は恥ずかしくて堂々とできなかったオタクという短所もここにきて、僕の武器になってくれてます!

今回はそんな仕事とオタクの可能性について話していこうと思います!

 

仕事はそのうちオタクに奪われる!?

『好きなことをして生きていく』最近Youtuberなどでよく聞くキャッチコピーですけど、これってどう思いますか?

僕は今、そうやって好きなことを仕事にしている人がどんどんこれからも活躍して、社会を形成していくのではないかと思っています。

そして好きなことをしていない人はどんどん仕事を奪われ何もできなくなります。

 

それはなぜかというと最近では噂になり、本でも紹介されているAIの影響です、作業的な仕事は全て生産性などからロボットに奪われるようになって、

好きな仕事を突き詰めている人がロボットを使うようになります。

なので、実質本当に仕事が好きでそのことに時間も情熱も使い倒しできるという人に仕事を奪われてしまうのです。

 

やりたいことと好きなことは違う!?

 

仕事とオタクの相性はまじでいいから今からオタクになって好きなことを仕事にしちゃおう!

そんなことを言っているとこんなことを言ってくる人がいます。おそらく少し前の自分もその部類の人間だったでしょう。

 

やりたいことが見つかりません。

 

そう、この言葉、やりたいことが見つからない。そう言ってくる人にはこう言うようにしてます。

 

“徳永”
じゃー好きなことはないの?

 

そうするとそんなことがない人がほとんどなんですよね、やりたいことは見つからないけど、好きなことがないと言う人はほとんどないです。

好きなことって何かっていうと今まで多くの時間を使ってきたことです。家に帰ってまずやることやそれのことを考えたり、誰かと話すそれが好きなことですね。

 

僕の場合はやっぱりアニメや読書や漫画が好きでした。それはぼくの好きなことです。でもこれでアニメーターになるとか声優になるとかそんなことは言いませんでした。

 

才能がないと思っていたし、世の中そんなに甘くないって思ってました。それが高校3年生の時期です。

でもやっぱり大学生になって、イベントをやったり、ビジネスを始めたりして気づいたことがあります。

僕はアニメとか漫画とかそういう『作品』が好きだったんだ。このことに気づいてからは割と早かったです。

 

好きなことから派生してやりたいことが少しづつ見つかっていきました。

これを突き詰めたものが夢ってことになるんだろうな。

だから夢がある人って最初はやりたいことから入ってます。

 

だからやりたいことがないって人は好きなことを思い出してみてそれに繋がることをいくつもやってみてください。

最初は多分これがじゃないってものに時間を使うと思います。

でも焦らず続ければ確実に見えてくるでしょう。夢はそのあとです。

 

“徳永”
これでやりたいことがないの言い訳は消えましたね!^ ^

 

オタク×仕事の極意

オタク×仕事論としてブログを書いているんですけど、まじで最強だと思います。

今の一般的な仕事の考えかたってこうですよね?

  • 仕事は我慢をしてやるもの
  • 休日の休みの為に平日頑張る
  • どううまくサボってお金をもらうか?

 

もちろんこれは一部の意見ですが、多くの社会人がこう思って仕事をしています。

だから人の独立や勇気のある決断に否定的な意見を言ったりとか、どうせ成功できないとかうまく行かないって去る人に向かっていうんですよね。

 

それってその人がうまく行かないって本気で思ってるってよりも

『自分はこんなに我慢して働いてるのに好きなことを仕事にするとか言ってるこいつが気にくわない』

って感情じゃないですか?

 

正直無視していいし、どうでもいいです。

 

僕が尊敬しているブロガーのあんちゃさんもこんな風に言ってます

 

 

ブログはこちらです↓

「今更ブログ?厳しくない?」と言われたけど、無視して本当によかった

 

そう、初めてない人にこれってどう思う?って聞いても何もわかりません。専門分野じゃないから難しそうって言うんです。

だから何もかもそれが難しいかどうかを決めるのはそれをやった人しか語ることはできません。

 

好きなことを仕事にするつまり仕事×オタクの働きかたは色々な利点があることがわかってます。

 

オタク×仕事論①まず圧倒的に熱量がすごい!

アイドルの握手会とかライブに言ったことありますか?オタクレベルがあそこまで行くと本当に仕事にしても最強です。

 

アイドルオタクのライブって本当に熱量がとんでもないんですよね、まぁあそこにいる大多数が仕事ではあの熱量を忘れてしまってるのが残念なことなんですけどね…

でも確実にアイドルのライブに行って最高に楽しむだけ!って言うのがあったらオタクたちは確実に喜んで仕事をしますよね?僕だったら確実にいきます笑

 

僕は毎回その熱量を仕事に費やせばとんでもない結果をだすことができるのに…って心から思ってます。

でも仕方ないですよね、だって仕事はつまらない、我慢するものって思っちゃってるんですもん…

 

とんでもないんです、仕事は正直楽しいもので、オタク×仕事は最強の働きかたなんですよね!

 

オタク×仕事論②好きなことだから考える癖がつく

好きなことって考えるの楽しいですよね?アニメオタクだったらこの後の展開はどんなものになるんだろう?

とかこの話の犯人は誰なんだろう?とかそんなことをずっと考えてます。

 

この考えるということが仕事においても確実にキャリアアップするための条件なんですよね。

 

オタクが仕事をするようになると仕事に対しての思考力が圧倒的に他の人と違ってきます。だってそうですよね、

周りは好きなことをしてないのにたいしてオタクのあなたは好きなことを仕事にしてるんですから。

僕の友達で画家をしている嘴(@pikoekaki)さんもこのようにオタク×仕事論に憧れてます。でも正直この人はもうオタクレベルで行動できてる笑

 

オタク×仕事論③没頭力が全然違う

僕はもう完全にブログオタクというかなにか面白いものを作るオタクになってしまったのですが、

オタクレベルに好きなことを仕事にすると没頭力が全然違うんですよね。例えば僕の例ばかりですけど一般的なアニメオタクって深夜までずっとアニメみてるんですよ笑

僕も最近はネットが普及して家でテレビをみないのでリアルタイムでアニメをみることがなくなってきましたが、普通に何か1つの目標があってそれの為に寝ずに行動できるってすごいです笑

 

僕は今ではブログが大好きで友達みたいなものなので、寝ずにブログやってることもあります。(最近はずっと3時とか4時まで作業したり他の人のブログをみてたりします笑)

 

それくらい何か1つに没頭できる力に関してはオタクは間違いなくNo.1の力を持ってるんです。

だって普通の思考の人が今の話してるって聞いたら夜のこの時間まで、仕事してるってまじで社畜乙って感じですもん笑

 

結論:オタク×仕事は最強の働きかただった

 

さて、今回はオタク×仕事論ということで、好きなことを仕事にすると言うことについて話しました。

今回はアニメやアイドルなどのもともと好きなことを仕事にするということについて話しましたが、

オタクレベルで今の仕事に没頭するというのも1つの方法ですね!何よりも今回紹介した3つの力が最強なので、

 

  • 熱量
  • 思考力
  • 没頭力

 

この3つの力をオタクレベルで突き詰めることができれば、確実にあなたは人生を変えるチャンスを手にすることができるでしょう。

 

もちろん、最初は確実に反対されると思います。

でもわかってますよね?ほとんどの社会人は仕事が好きじゃないんです。有給とか給料とか休みとかで仕事を決めている人の言うことですよ?

 

不安な人はこのブログを読んでみてもいいかもしれないですね!^ ^

「今更ブログ?厳しくない?」と言われたけど、無視して本当によかった

 

では今回はここまでです、

ありがとうございました!

 

 

今回のブログの関連記事!

 

🔻こちらの記事もあわせてどうぞ!

 

▶️オタクでフリーランスのおとくがアニメバクマンを見たらかなり参考になった

▶️↪仕事を始める前に知ってて欲しい仕事を辞める時の心構えと上司の反応

▶️【就活編】大人が頭いいと思ってる人ちょっと止まってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。