言葉の重み完全版!正しいことしか言えないあなたへ

 

どうも、元言葉が軽いブロガーの

おとく(@otokubloger)です。

 

言葉の重みってどうやったら出るんでしょうね?他人に聞いたことがないですけど、

僕はずっと自分の言葉が相手にどう届いているのかが気になっていました。

 

おそらく自分の言葉の影響力や届き方が気になっている人は多いのではないでしょうか?

今回はそんな言葉の重みがある人とそうでない人の違いを考えて話していこうと思います。

 

僕が言葉の重みをきになりだした件

 

僕は高校卒業くらいからずっと本が好きでずっと自己啓発本?みたいな本をたくさん見ていました。

1200円で色々な人の考えが知れるなんて素晴らしぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」そんな感じでずっと読んでました。

 

そこでいろんな人の本を読んで、日常的にアウトプットをしているとなんか少しづつその言葉が自分の言葉のように感じるようになってたんです。

でもそこでふとした時に僕は自分自身の言葉を失っているように思ってしまいました。

 

何か人と話たり、後輩にアドバイスとか話をしていてもこれって自分の言葉なのかな?

とか本当に相手の心とか気持ちに影響を与えられてる?って少しコンプレックスにもなってます。

 

少しだけコンプレックスが薄れた最近

 

僕もまだまだ言葉の重みには自信のないところはあるけど、少なくとも1年でブログなどのネット関係では僕の言葉が響いたと言ってくれた人もいました。

そこで少しづつ自分の言葉への価値を自分自身で感じることができてきました。

 

あなたの言葉に行動を変えられましたとか、こんなことを言ってくれる人はおとくさんだけです。とか昨日こんなことができました!とかそんな風に言ってくれる人も増えてきてます。

こうやって少しづつ自分の言葉に自信を持つことができるようになったのですが、

 

“徳永”
何が変わったの?って感じですよね笑

 

僕がしたことってなに?

 

では僕がしたことを発表しますね!

 

じゃらららじゃーーーーーーん!!!

 

言葉の重みをだすためには?①自分をさらけ出す

 

人の言葉の重みってどういうことから出てくるかっていうとその人が自分をしっかりとさらけ出していることから出ているんです!

自分の言葉で話しているとかそのことのことをしっかりと考えて話しているって確実にその相手に伝わっているんですよね。

 

自分をさらけ出すっていうととても抽象度が高いですけど、目の前の人に全力を尽くすってことだと思います。

それはもちろんですが自分の信用を守りたいと思う人だけですよ!誰にでもペコペコしてても存在的に薄いと思われるでしょう。

 

言葉の重みを出すには?②自分の全てに自信があるわけではない

 

これは僕の考えですが、自分の全てが完璧と思っている人はあまり魅力的に思えません。

なぜかというと言葉に深みがある人は何か自分の過去に否定的な経験があったりとか、自分の全てが正しいわけじゃないと知っているからです。

 

いいことを言っていても自分の言葉が全ての人に突き刺さったりとか全て正しいと思ってる人はどこかで違うなと感じるものです。

現状で自信のない人も魅力的に感じることは少ないので自信しかない人は失敗経験を、自信のない人は小さな成功体験が大事ですね!

 

言葉の重みを出すには?③常に考えている

 

何か質問した時にその場で本当に自分の思っていた考えを答えてくれる人の言葉って深みがあって、心に響きますよね?

そういう人は常に何か自分のこれからのことだったり人のことなんかを考えています。なので、あなたも常に何かを考えるということが大事なんですね!

 

常に考えるっていうのは思ってるよりも大変なんです、それは習慣になってないからです。

少しの時間でも何か考える癖や習慣をつけるようにすればそれは人に伝わるようになります。

 

言葉の重みはそう簡単にはつかない

 

さて、今回は人の言葉の重みについて話してきました。もちろん僕もまだまだ自分の言葉に自信があるわけではないのですが、

少しでもこのブログで発信して読んでくれる人に影響を与えられるような言葉を発していきたいです!

 

あなたも後輩や部下に何かアドバイスをする時に言葉の重みはあなたの影響力にも関わってくることなので、普段から工夫してみてください!

 

では今回はここまでです、

ありがとござました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。