僕が1年間関わる人を変えた結果得られたできる人の共通点

 

どうも、割と一人でも大丈夫系

ブロガーのおとく(@otokubloger)です。

 

“大学生”
できる男になりたいよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

 

“徳永”
なるほど、ではこの記事をよく読んでできる男への階段を登りだすのじゃー!

 

正直、まだできる男と呼ばれるには程遠い僕ですが、この1年でいろんな人と出会って、見てきた中でできる人はこんな力があるということを今日は話していきます。

 

時間の使い方を工夫しなければあなたは一生仕事のできない人間だ。

 

僕は高校を卒業したくらいから色々な人のビジネス本や自己啓発本を読むようになって、その時に色々な本で時間術に関する話はよく出ていたので、

時間がとても重要なんだなーというのはなんとなく頭では理解していた。

しかしそこから僕自身の行動が変わることはなくなんとなく月日はすぎる。

 

しかし僕はビジネスを始めることにして、色んなできる人に話を聞きに行くような習慣をつけることにした。

話を聞いている中である共通点に気づくことができたんです。

 

一人の時間と人との時間

 

なるほど、できる人は自分の時間と人と戯れる時間を完全に分けるようにしているらしい。

そしてその分け方にも色々な共通点があることを見つけることができた。

 

人といるときは物質的な生産活動をしない

 

時間は有限ということをできる人は知っています。それは頭だけの理解じゃなくて完全に自分ごととして理解しているんです。

 

なのでできる人は確実に時間にはきっちりしているなという印象です、もちろん遅刻とかサボりをしたら自分の時間を無駄にされたと嫌な気分になるでしょう。

 

そしてできる人は人といる時には生産活動つまりこのようなブログを書いたり、書類整理をしたりなどの生産活動をあまりしません。

それよりも人と話して何かその生産活動が有意義になるような活動をするんですよね。

 

一人でできる仕事は一人でやる

 

なぜ人といる時に生産活動をしないかというとそんなことは一人でできるからです。

それよりも一人ではできないことを優先的に進めるようにしています。

 

僕もこのことに少しづつ本気で向き合うようになり、一人の時間と人との時間を分けるようにしています。

そうすることで自分の時間がしっかりと確保することができて、より生産性は上がっていきます。

 

できない人は何か時間の使い方がうまくないというか何かするにも優先順位をつけられなくて何も手についてない人が多いですね。

僕も1日でいくつかの仕事をすることがありますが、最初に何か作業を始める時に今日やることをメモに書いて優先順位をつけることにしています。

 

僕の場合はこんな感じです。↓

 

 

もちろん仕事が終わってなくても遊ぶときは遊ぶし寝ます。でも基本的には何をするか決めるときはこの中で選択するようにしてます。

 

僕はブロガーとして今では個人で活動をしているので企業にフリー契約で仕事をしていたときと違ってミーティングを入れる回数が減ったので、

前よりは作業時間が多くなってるって感じですね。

 

できる人は仕事重視だけどプライベートも…

 

多くのできる人は仕事重視で生きています。もちろん何か苦しみながらとか愚痴をこぼしながら働いているのではなくて、楽しみながらその仕事に没頭しています。

 

仕事仕事だけどそんなに仕事に没頭しているからこそプライベートの時間で最高に楽しむことができるんですね。

 

“大学生”
オンとオフの切り替えがすごいんだ!

 

その通りです!できる人はオンとオフの切り替えがとてもうまいです。本人は意識しているのかわかんないですが、

やはり仕事もプライベートも充実しているので、仕事が辛いこともないし、良いサイクルで時間を使ってますね!

 

まだまだだけどできるところから

 

僕も日頃からそんな人の周りで仕事をさせてもらって思うのですが、少し頑張ってできる人の真似をしようと思っても、

やはりその人と自分とじゃ常識が違うので、やはり長続きしません。

 

僕は周りに模範になる人間がたくさんいるのでその人たちみたいになれるように工夫と行動を繰り返して生きます。

 

これは最後にですが、周りに自分の尊敬できる人を置くと成長速度も上がりますよ。

 

今回のブログの関連記事!

 

🔻こちらの記事もあわせてどうぞ!

 

社会人は仕事を作れるかで収入が変わる

24歳社長が語る事業主としての成功する為の絶対ルール

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。