バイトが辛いとか言って続けてる奴はまじで時間とお金の無駄遣いだからやめとけ

 

どうも、バイトをやめて1年のおとくです。

 

「大学時代に頑張ったことはバイト」

「休日はバイトに行ってました」

 

こういう人って結構多くないですか?

大学とかで話しているとバイトの話ししかない人。

 

 

否定するつもりはないんですけど、やっぱり僕はこんなこと思っちゃいます、、、

 

「流石に勿体無くない?」

 

バイトを嫌いなのにお金が欲しいからやっている人がいます。僕はバイト時代はUSJ付近のホテルのレストランで働いていたのですが、特に辛いとは思ってませんでした。

 

でもバイトだけやっていたら流石に辛いし、何より時間とお金が勿体無いと思うんです。

 

今回はバイトしかしてない人に向けてその生活の危うさについて話します。

 

バイトが辛くても大学時代には2つ以上のことはしよう

 

僕はバイトもそんなに辛くなかったし、大学にはイベント作りがありました。

僕は最低でも大学生活では好きなことを2つ以上は掛け持ちでするべきと思っています。

 

たとえば僕の場合は、、、

 

3回生まではイベントとバイトが好きなことでした。サービスの勉強ができるレストランは良い空間だったし、イベント作りは何よりも楽しかったです。

 

今だと、ブログと外の人と会うことです。バイトや大学以外の関係性を作るのはとても面白いことです。

 

このレベルでも良いので、何かこれとこれには大学時代は時間を使ったと胸を張れる物をしたほうがいいです。

 

その時に意識して欲しいのは今の自分にできないことをするということです。

 

例えば僕はバイト時代に今までできなかったサービス技術を身に付けるのが面白かったし、イベント運営なんて誰でもできないし、初めからはできなかった。

 

そんな風に今できないことを2つ以上最低でも1年間続けられたら、強いです。

 

ゲームとバイトとかはだめ!思考停止しないで自分ができないことで熱を持てるものを探しましょう!

 

好きじゃないのにバイトや仕事だけしているやつはつまらない

 

まぁこれは好きじゃないことだけしている人全員に言えることなんですけど、、、

 

やっぱり情熱を持ってないことにしか時間をつかってない人は印象としてつまらないです。

 

例えば就職活動1つとっても、学生時代にバイトしかしてない人よりも

同じバイトしかしてなくてもバイトの話を事細かに熱を持って話してくれる人は見込みがありますよね。

 

面接官

「こいつ、、できる!!」

 

仕事でも同じです、バイトをしていた時から思ってたんですけど朝、死んだ顔で通勤している人と

帰宅時に楽しそうに上司や部下の愚痴を言っている人は本当に何してんの?ってなります。

 

いや、ほんとに電車って人の本当の部分が出ますよね笑

大学生の人は注目して朝の電車と夜の電車でスーツ姿の人の話を聞いてみるといいです。

 

こんな大人になりたくないって気づくはずですから。

 

電車の話はいくつかありますけど、同じ電車に乗っている人の年収はだいたい同じという話をどこかの本で見たことがありますね。

 

バイトが辛いののにそれしかしないのは時間とお金の無駄遣い

 

大学時代って僕らが思っているよりもとても大きな意味があるんです。

 

 

色々なことにたいしてノーリスクで挑むこともできるし、いろんな人に会う経験も動けばできる。

 

僕は20代は本当に今からでもなんでもできると思ってます。その中でも特に大学生活は何かしない理由がないです。

 

だからバイトや仕事を辛いと言いながら続けている人にはこう言いたいんです。

 

「まじで時間とお金の無駄だよ」

 

大学生活での夢を追いかける以外のでバイトはお金を稼いでるんじゃないんです。逆にお金を捨てていると思っていいです。

 

バイトを否定しているのではなくて、やりたくないことに時間を使うことを否定しているんです。それだけは本当にやめたほうがいいです。

 

特例は自分で学費を払っている人です、それは家庭の事情で色々あると思うのでいいです。

それに学費を自分で払っている人は時間とお金の重要性に気づいているので、そこまでして通う大学生活を無駄にはしません。

 

僕はこの2つが20代でできる人は最強だとおもってます。

 

「好きなことができる人」

「種まきをひたすら続けられる人」

あなたはどう思いますか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。