大学生に知って欲しい遠回りは別に悪いことじゃない

 

どうも、遠回りしがちなブロガーおとくです。

 

「なんで自分こんなに遠回りしてるんだろう…」

 

毎日動いて思ったよりも結果が出ないと、そう思ってしまうこともあるでしょう。

僕ももともと不器用でやれと言われたことをやるというのが苦手な性格だったのでよくわかるんです。

 

自分には周りが当たり前のようにしていることをこなすことができない。その事実に僕はとてもコンプレックスを抱いていました。

 

「何気なくなんでもこなす人だったら…」

 

テストや運動、仕事なんにしても僕はいつも遠回りでした。今も飽きずに遠回りしています。

 

他人に遠回りしているよと言われる悔しさ

 

これはつい一昨日のことですが、やっぱり自分のやっていることを人に伝えると「なんか遠回りしているね」って言われました。

 

高校の時も自分の勉強法を人に話していたら「なんでそんなに非効率なやり方してるの?」と言われたことがありました。

 

勉強の時は「だってこのやり方しか知らないんだもん」といって、勉強を続けてました。

 

自分はこれで大丈夫だから、普通の人よりも頭が悪いから周りと同じやり方だと成功しないんだ。

ずっとしていた野球でも僕は周りより下手だったから自分と父さんと考えて、練習してました。

 

不器用でトンチンカンで遠回りばかりしている自分。これが最悪の自分を生んでいると思ってました。

 

大学生になって遠回りが好きなんだと思った。

 

大学生になって、流石に18年間背負っていた遠回り体質このコンプレックスにも慣れてきて、自分は遠回りが好きなんだろうと思うようにしました。

 

なんでも効率的に機械みたいにしていては面白くないじゃないか。

 

人よりも時間をかけて、不器用に遠回りをする。これを1つのこだわりにしていたのです。

 

何か覚える時もひたすらノートに書き写したし、何か話す時もアドリブが効かないからスクリプトを作り込みました。

 

スピード命のビジネスでもスピードは出しながらどうにか自分の色を入れることはできないかと遠回りする方法を考えます。

 

そう、遠回りは自分という色を入れる方法の1つになっていたんです。

 

大学生は自分のこだわりは捨てるな

 

よくスピードが命という人がいます。その通りです。僕もそう思います、何かするにおいてスピードは命だと思います。

 

スピードが遅い人は結局結果が出るのも遅くて、うまくいかない人が多いでしょう。

 

しかし僕が大事だと思うのは初速です。

 

ずっとフルスピードで走る必要はないんです。僕でいう初速というのは、何かを始めて1ヶ月。

 

まぁ始める前にやめる人もいるのでそれは論外ですが、、、

 

僕はもう少しでこのブログを初めて1ヶ月。とにかく走ってきました。

遠回りが好きな僕がひたすらブログブログ、、、すごい楽しかったです。

 

そしてこれからはこだわりのステージにたつと思ってます。

もちろん毎日ブログを更新するというのは変わってません。本当にそれだけです。

 

しかしここ1ヶ月で50記事のペースでかいてきたので、もう僕にとってブログは習慣の1つになったんです。

 

だから僕は大学生にはまずは習慣化するまではスピード命でいって欲しいんです。

 

バイトでも遊びでも恋愛でもなんでも1ヶ月とにかく成功している人の真似でもなんでもいいので、とにかく走る。

 

大丈夫です、失敗するかもしれないですが、始めた時点で勝ち組です。

 

大学も人生も遠回りして欲しい

 

僕はなんでも最短距離でいけという考えはあんまり好きじゃないです。あくまでも最初の1ヵ月。

ここを全力を出してやることで、なんでもありの遠回りのステージに変わります。

 

そしてそこからは色々な選択肢を見て分析してください。最近聞いたセミナーである人が言ってました。

 

他を知らないこだわりは無知だ

 

こだわりは悪いことではないです、遠回りも悪いことではないです。

しかしそこで1つの選択肢しか知らないのにそれをこだわりと呼ぶのはただの無知の証です。

 

色々な物を見て、知って、確かめて、自分のこだわりを見つけてください。

 

僕のこだわりは遠回りです。

誰よりも遠い道を歩いて周りが走るのをやめても歩く。これが僕の戦略でこだわり。

 

あなたのこだわりはなんですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。