大学生の正しいお金の使い方について話そうと思う。

 

どうも、金なし大学生のおとくです。

 

「お金ないよぉぉぉ」

 

大学生になるとバイトとかでお金が増えて嬉しくなっちゃってついつい使い過ぎますよね?

僕もお金がある時はついつい使い過ぎちゃって浪費グセがついたりしました。

 

そんな金欠大学生にお金の使い方について話します。

 

大学生のお金の使いかたって何がある?

 

出費の種類って知ってますか?

 

あまり大学でお金についての授業はないので、知らない人は多いと思います。

僕も本を読んでいて知った言葉でフリーランスをしているとこのお金の使い方がとても大事だと感じます。

 

「投資」「消費」「浪費」

 

これが世の中の3つのお金の使い道です。

 

それぞれ見ていきますね!

 

①:投資

 

これはお金を使って自分を成長させるもしくはお金を増やす行為ですね!

FXとか株とか仮想通貨とか最近では短な存在なので、聞いたことあると思います。

 

お金でお金を増やすてかっこいいね笑

 

それと自己投資という言葉も最近ではよく聞きます。本を買ったり、セミナーを受けたり、自分に投資して成長するということですね!

 

②:消費

 

僕たちが毎日していることですね、

移動の為の交通費、家賃、スマホ代など生活するために必要なお金です。

 

とてもわかりやすい例があったので、載せておきます。

 

『消費』は、支払った金額と同等の価値や効果が期待できる支払いのことです。光熱費や交通費、通常の生活費全般がこれにあたります。

 

③:浪費

 

浪費は防げていた消費や全く価値を生み出せないお金の使い方です。

 

例えば家まで歩くのがしんどくてタクシーとか、何も考えずに衝動買いとかギャンブルとかそれこそ見栄で買った高い時計とかブランドですね。

 

何も生産性も戦略もなく、ただただお金を使っている。大学生なら自動販売機で毎日ジュースとかもこの浪費の1つですね。

 

「僕も3回生までずっと自販機コーヒーしてた」

 

はんせい、、、

 

『投資』は「支払<効果(影響)」
『消費』は「支払=効果(影響)」
『浪費』は「支払>効果(影響)」

参考記事はこちら

 

この解説がとてもわかりやすいです。

 

お金持ちになりたいか?

 

やっぱり人間たるものお金って欲しいですよね。金の亡者になるってことじゃないし、お金が1番大事ってことじゃなくて、お金ってやっぱりあると便利です。

 

ではお金もちになるにはどうすればいいでしょう?

 

もちろんですけど、お金を稼がないといけません。稼ぎかたについて、このブログで自分の好きを発信するということを紹介してます。

 

そう、お金持ちは収入も半端ないけど出費にも気を使ってるんです。

 

「えぇーお金持ちってなんかすげー無駄なことにお金使ってない!?」

 

それは僕も思ってたんですけど、やっぱり意味があったんです。

 

大学生でもできる!お金持ちのお金の使い方

 

では大学生でもできるお金持ちも実践しているお金の使い方について話していきます。

 

お金持ちと大学生で全くお金の使い方が違うのにそんなことできるの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

 

バイトでもフリーランスでもなんでも働いていれば可能です。

 

 

大学生の浪費とお金持ちの投資の割合

 

金なし大学生のお金の使い方の割合を考えるとこうなります。

消費:7割
浪費:2.5割
投資:0.5割

 

逆にお金持ちのお金の使い方を考えましょう。

消費:7割
浪費:0.5割
投資:2.5割

 

いやもしかしたらもっと投資に回しているかもしれませんね。本物のお金もちになるともっと投資が多いでしょう。

 

この使い方ができるのが長期的なお金もちになると言われてます。短期的なお金持ちは一気にお金を手にしてそれをほとんど消費と浪費に使います。

 

「それじゃ無理だろ!」

 

客観的に見るとわかっても、自分がそうなるとわからないものですね。

 

あなたは収入の何%を投資に使ってますか?もし今朝何も考えずに自販機でジュースを買ってたら気をつけたほうがいいですね。

 

毎月いくら自販機に募金してますか?

 

金なし大学生は目の前のお金の出入りに敏感

 

あなたは何か周りのものでこれは高くていいものを買ったというものがありますか?

 

僕はこの仕事道具のマックですね。

これは頼み込んで買ってもらったんですけど(すねかじりクソ野郎です。)

仕事道具なのでこだわってマックにしました。

 

例えばこのPC、普通に安く買えば5万円とかで変えるものがあります。

しかしそれではやはりスペックが悪くてイライラしながら仕事したり、すぐ壊れたりします。

 

目の前の出費を見れば高いマックもこれから壊れるまで使う仕事道具だから

ということでより長く、ストレスなく使えるものを選ぶということです。

 

もちろん全てにそれをする必要はないです。長く使えるからということで何にもやくに立たないブランドをつけてもただの浪費です。

 

しかし3000円の服を毎月買うよりも、10万円の服を1年間使ったほうがはるかにやすいです。

 

それに周りからのイメージもよくなるでしょう。

 

お金持ちは目の前のお金の出入りじゃなくてそれがどれくらい使えるのか?

それを買うとどんなプラスが自分に出るのか?を考えます。

 

安いものを何回もかうよりも高いものを長く使うほうがいいということを身をもって知っているんです。

 

大学生のうちからお金の使い方について知ろう

 

さて、今回は金なし大学生のお金の使い方とお金持ちを比較して話してきました。

 

少し長くなりましたが、どうでしたか?

 

こんな偉そうに話している僕もまだまだ浪費が多いので、(特にイライラしている時の冷凍食品とビールww)

 

今からでも浪費を抑えて投資にもっとお金を使って、マインドからお金もちになりたいと思います。

 

そのためにももっと仕事しないとですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。