大学生活を媚びることで成功させた僕が感じる人から愛される方法!?

 

どうも、ブロガーのおとくです。

 

「人たらし」

たらしってなんかよくない言葉に聞こえますよね⬇⬇

女たらし、男たらしとか言われてる人いますよね?

 

“徳永”
なんかイヤらしいイメージ!

 

だってさ、調べてみるとこんなの出るんだよ?

たらしとは、女性を騙して弄ぶ人のこと。

日本語俗語辞書より

 

「女性を騙す!?」

「もてあそぶだって!?」

 

じゃーたらしってのは悪いことなんですね、そっかーそっかーたらしには気をつけないと騙されて弄ばれるぞー

 

⚠ちょっと待ってください!⚠

 

たらしは基本悪いイメージで使われがちですが、現代の社会ではこの『たらし力』と言うのがすごく有効なスキルの1つなんです!

 

 

では近頃注目されるたらし力・媚びる力について徹底解説していこうと思います!

 

媚びる・たらしを再定義する

僕の中の2つの定義を考えるとこんな感じです。

 

“徳永”
居心地がいい存在

 

可愛がられるとか、ほっておけないとか、話してて気持ちいとかいろんな表現があると思いますが、

僕は目の前の人がいつでも自分といてくれるときに居心地が良い状態を作りだす。

 

これをたらし力と思ってます。

 

逆にここがしっかりしてるから媚びまくってもいいんじゃー!!

 

ってくらい自分と一緒にいると楽しい!ってわかってもらうのが大事だと思います!

 

 

たらし方を理解して今日から君もたらしマスターだ!

 

今日こんな記事を見かけたんです!

 

なるほど、、、

“いいやつ”になるな、“人たらし”になれ! CIAに学ぶ人脈テク6選

⇨記事はこちら

 

CIAに学ぶ人脈テクニックだって!?これはみるしかない!と思って読んでみたら、

凄いいい内容だったので、ここで僕なりの意見や考えを入れながら話していきますね!

 

人たらしになれるテクニック①:相手の話にじっくり耳を傾ける

 

簡単に言うと、、、自分が聞きたいことを聞こうとするんじゃなく

相手の話したいことを話させて、自分の知りたいことを引き出す

 

ってことですね^ ^

 

よく聞き上手と言う言葉が使われるけど、聞き上手で引き出し上手な人は人たらしの才能ある!

そして全部引き出すんじゃなくて、少しづつ、相手の口からこぼれるのを待つと言うのも大事です!

 

人たらしになれるテクニック②:ライバルにも礼儀を尽くす

 

これは僕はライバルだけじゃなくて嫌いな人以外の人には礼儀を尽くすようにしてます!

 

この人と付きあいたくないと言う人には自分から話に行かないし(時間と精神の無駄だから)

でもその代わりに好きな人はもちろん、ライバル、他人にも礼儀は尽くさないといけない。

 

 

“徳永”
時間やお金それと繋がりの天秤の掛け方は難しいけど、本当に大事な人には両方使いたい

発信して媚びると時間もお金も使いたい人が寄ってくる

僕は大学生のうちにこの人になら時間もお金も使いたいと言う人に出会えて本当によかったです。

 

そしてなんでそれができたかって言うと本当に2つだけです。

 

「言葉にしていた」
「媚びていた」

 

この2つをすれば本当に大事な縁や繋がりを作れます。

 

別に目の前の人に嘘をついて媚びまくれってことじゃないです。

この人の為に色々したい、この人とは将来付き合えそうと言う人にとことんGiveを続ける。

 

まずは目の前の人に

一生懸命接してみてあげてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。