“オトク”

アニメ論の専門家オトクです。

今日はアニオタの人と、

好きなことを追求してる

人に向けて話していきます。

 

今回はあるツイートをみて、僕の少し前のことを思い出したので話していこうと思います。

 

それがこの

ツイートです!

 

 

アニメオタクは批判されやすいは事実だ

 

僕は今21歳の大学生ですけど僕が小学生の時とかはアニメオタクって大人にも同級生にも批判されやすい趣味だったんです。

 

“オトク”

多分同級か

先輩はわかるよね〜

なんかコンプレックスだった

 

ただおもしろい物が好きというだけなのにアニメオタクというだけで批判される。

 

ここまでアニメとかゲームが日本の文化として発展して来ても面接で言ってプラスになることは少ないでしょう。

 

“オトク”

アニメオタクというのは

デブとかチビとかバカとか

その辺とほぼ同意義の

差別用語だったんですよね。

 

ちなみに僕は身長は183ですが小学生の頃は体脂肪率が30%超えで勉強もできないのですごいコンプレックスの塊ですね^ ^

 

でも僕はここまでアニメが普及していろんな人がオタクを気軽に名乗れる時代にこんなツイートが出るのが悲しかったんです。

 

アニメオタクでも批判されてもいいじゃん

 

僕が批判されてきたし、友達に告白するのも正直、女の子に告白するよりもされるよりも緊張するくらい「自分はオタクです」っていうのは勇気がいるんです。

 

でもそんな僕だからこそ、こんな風に思ったんです。

別にアニメ好きでもオタクでもそれを批判されてもいいじゃんって。

 

だって好きなんだもん、好きになっちゃったんだからそれを批判されても別に関係ないですよ。

 

 

アニメオタクをバカにする人たちへ

 

アニメオタクが別にアニメのことを批判されても別に気にすることないよ、だってアニメは間違いなく面白くていいものだから。

 

というのが僕の意見ですが、僕の目標は全ブロガーをオタクにすることと全オタクがブログを始めることです。

 

もちろんブロガーじゃなくても多くの人がアニメや漫画に興味を持ってオタクになって欲しいと思ってます^ ^

 

でもこういう人は

まぁいるんですよね〜

 

あなたの目の前にいた自分が好きじゃない人間がオタクだったとしてもオタク=そんな人間と思わないで欲しいですね^ ^

 

僕はまたバカな大人がバカにしたがるアニメみたいな物を作りたい

 

最近こんなことを思うんですよね。

アニメとか漫画とかゲームって子供がしてたら大人が注意したりアニメばっかり見て!って怒るものなんですよね。

 

でも僕は少なくともそれに激ハマりしてそれを仕事の一部にしてるんです。

 

アニメみたいなものを

次は僕が作れたら

それはおもしろい

 

 

“オトク”

僕はまだ何にもない

ただの学生だけど、

 

いつか僕が作った作品に

没頭する人ができて、

 

それを学びにしてくれる人が

出たらめちゃおもしろいよね!

 

僕の目標に協力してくれる人はぜひ、アニメオタクと僕を応援してください。

 

おもしろいを作るオタクブロガー!

 

“オトク”

こんなことを考えている

アニメ論の専門家オトクです!

ちょっとでも興味あったら、

僕のことを見てみてください!

 

 

スポンサーリンク