どうも、マーケで月収100万円のおとくです。

 

今回は個人の情報発信でのWebマーケティングの中でも重要度が高いブランディングについての話をしていこうと思います。

 

「自分に特化した情報発信ができない…」

「ブランディングが難しくてファンがつかない…」

「何を発信したらファンが付くの…?」

 

そんな風に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

僕は、バイトを辞めて半年ほどベンチャー企業でマーケティングとライティングを担当していたので、いま自分のブランディングに悩んでいるあなたの現状を少しは改善できると思います。

 

“この記事を読むと…”
☑️マーケティング戦略が必要なくなる
☑️あなたのブランディングでファンが増える
☑️どの様に自分を発信していくのか掴める

 

たった4分ほどで、このような状態になることができるのでぜひ最後まで読んでいってください。

 

今回あるツイートをしました。

 

 

このツイートを中心にもう少し詳しく話していこうと思います。

 

 

そもそもマーケティングやブランディングは競合他社との差別化をするので個人ブランディングができていたらマーケティング戦略は減っていく

 

「ブランディングについて考える」「マーケティング戦略でファン層の拡大を…」言葉だけ聞いていればかっこいいですが、僕はこのような戦略は必要ではあるけど完璧なブランディングができていれば減らせると思ってます。

 

例えば…

 

ホリエモンにはいつでもビジネスの話が舞い込んでくるし、とことん弾丸でおしゃべりする番組ならMCはさんまさんで間違い無いでしょう。

 

このレベルのブランディングができるようになるとその分野に関するマーケティングが不必要になるというのは明らかです。

 

フリーランスA

いやいや私がホリエモンやさんまさん

のようにブランディングができるとは

思えないし、何をすればいいのか?

そもそもわからないもの…

 

“オトク”

確かにその通りかもしれない、

そこで今回のツイートを見てみよう。

そこにブランディングを飛び越した

まずあなたがするべきことが書いてあるよ!

 

では行動ベースで1つづつ紐解いていくことにしましょう。ここでの流れや戦略はとても役に立つことだと思うのでぜひ参考にしてください。

 

まずはインプットから変える、自分の持っているものだけで勝負するのは危険信号だ!

 

まずはインプットから始めないといけません。ブランディングというと自分の本来持っているものや過去の経験からアウトプットを重ねていき自分という存在をアピールすることでしょう。

 

しかしインプットしないものは確実にブランディングを強力にしてファンを獲得することができないと思っています。

 

“オトク”

ぶっちゃけた話、

もともと持っていた経験は、

起爆剤には使えるけど、そんなに

長期的な力は持ってない。

 

もともとの経験×学んだ情報

これが大事になってきます!

 

インプットは元々の経験が生きる方法を模索していくとさらに起爆剤を有効活用することができるでしょう。

 

僕の場合の起爆剤は…

 

☑️大学生でバイトを辞めた

☑️ネットビジネスで情報商材販売

☑️ライター歴1年、ベンチャーでマーケの担当

☑️オタクやイベント運営での企画力

 

この辺りが自分を爆発させる起爆装置だと思ってます、ここにうまくネジがハマるようなインプットをしていきます。

 

僕なら…

 

☑️マーケティングをさらに勉強

☑️アニメや漫画でビジネスをインプット

☑️同業者からの情報をインプット

☑️マーケの後にも心理学
    体調管理、勉強術などのインプット予約

 

このようなインプットの材料をいくつか用意しておきます。

 

そして本でも論文でもツイッターでもブログでもなんでもできる限りのインプットをしてみましょう、ここが一番大変で重要なところです。

 

インプットの次は自分の脳で思考してアウトプットの時にブランディングを発揮できるようにしろ!

 

次は自分の脳で思考することです。

 

先ほどのツイートでわかるように、AとしてインプットしたものをAとしてアウトプットしていてはいつまでたってもブランディングは完成しません。

 

もちろん「まとめ」や「お手軽」などは惹きつける材料にはなるかもしれませんが、長続きしないし誰でもできるというところがネックになってきます。

 

インプットした情報を自分なりに解釈、Aでインプットしたものを解釈でBにしていくという作業がとてもブランディングをしていく中で重要になっていきます。

 

例えば大学がいらない、というインプットをするとしたら、まずは大学×マネタイズで情報発信している人を探す。

 

今回はこのゆうきさんがぴったりで僕も日頃から勉強させてもらってるのでパッと思いついた。

 

 

ここだけじゃ終わらなくて、

 

 

こういうツイートをしてみます。

 

ここに自分の意思でブランディングするという行為になると思います。

 

AとしてインプットしたものをBとしてアウトプットすることで自分の意思を伝えながら人に価値提供することができるのがこの手法のいいところです。

 

もちろんSNSでは有益性、ブログでは理解しやすさを求めないといけないけど、発信する方法としてはとてもいいと思います。

 

この手法でブランディングが成功すると競合他社がいなくなりあなたからしか発せられない情報にファンが寄ってくる

 

僕も最近はこの手法を試しているんですけど、なかなか慣れないと難しいのかな?って実感しています。

 

しかし僕がしっかりと結果が出すともっと信憑性が上がると思うのでどんどん進めて行きますね。

 

マーケティングでブランディングをするのは、最終目標はファンを増やして売り上げを上げるためです、そこで厄介なのが競合他社です。

 

僕のツイッターでの競合他社は同じブロガーでも「マーケ発信」「大学生」「オタク要素」この3つを持った人たちですが、皆さんにも発信していることが似ているor被っていることはあると思います。

 

しかしそこでこの手法を使うと…

 

☑️あなただけが発信する情報ができる

☑️ファンはそこに寄ってくる

☑️なので競合がいない状態になり

☑️セールス、マーケ必要なく売り上げが立つ

 

というようにビジネスにおいてはなんとも素晴らしい結果が手に入るんですよね。

 

ここで多くの人が心配するのは…そんな自己流でファンがつくのか?ということです。

 

では詳しく説明していきます。

 

自分しかできない発信をすることは自己流のやり方ではない、もっと本質をみて情報発信しよう

 

しかしここでよく言われる情報発信の常識?的なはなしと若干外れると思われるかもしれません。

 

それは「ツイッターやブログは最初は守破離で目指す人のことを徹底的にパクることが大事!」というものですね。

 

ここでいう守破離というのは型のことであって、オリジナリティーを持たないということではないんですね。

 

今日のまとめ!

☑️まずは自分の目指す人を見つける

☑️型やレイアウト、ライティングを学ぶ

☑️自分の発信内容を決める

☑️質の高いインプットをする

☑️そこから自分なりの解釈でアウトプット

 

こんな順番で行動していくのがいいと思います。

 

小手先の知識やスキルではなくて本質をみるということをよく言いますが本当にその通りだと思います。

 

もちろん小手先の知識やスキルは知っておいた方がいいですし、それがあったおかげで伸びることがあります。

 

しかしAという情報からBという答えを出すことでその本質に気づくことができると思います。

 

今回のまとめ!

 

さて、今回はWebマーケティングのブランディングにおいてのファンの獲得について独自の視点での情報発信を見ながら紹介してきました。

 

今日のまとめ!

☑️インプットが大事

☑️AからBを生み出してアウトプット

☑️ブランドができれば競合他社がいない

☑️自分の持っているものだけで勝負しない

☑️本質を見極める

☑️守破離は型だけパクる

 

これを意識してマーケティング戦略を作っていきましょう。

 

今日はここまでです、ありがとうございました。

 

関連記事はこちら!

 

👉質の良いインプットについての記事はこちら!

👉WebマーケティングのSEOに関する記事はこちら!

スポンサーリンク