ブログ初心者でもわかる!最後まで読まれる記事を作る構成とレイアウト術!【徹底解説】

 

どうも、マーケで月収100万円のおとくです。

 

初心者ブロガーA

ブログを書いているんだけど

あとで自分で見返しても、

何が言いたいか論点がバラバラで

記事全体の軸がブレてるし、

レイアウトが汚くて読みにくい…

読みやすい記事や一貫性のある記事を

書くにはどんなことをすればいいの?

 

こんな悩みを解決していこうと思います。

 

この記事を読むと…

☑️読みやすい記事の書き方

☑️読まれるブログの構成

 

について知ることができます。

 

僕自身はライター歴1年でベンチャー企業のオウンドメディアを運営していたこともあり、レイアウトの読みやすさにはこだわってきました。

 

5分ほどで読めて、ブログを書く上でとても重要ですし、まずレイアウトや構成が汚かったり変だと読まれなかったり、成約させることもできませんのでぜひ、最後まで読んでください。

 

ではいきましょう。

 

 

読まれるブログと読まれないブログを知ろう

 

まずは予備知識として、レイアウトに関しては誰でも気をつけて、参考にするブロガーさんを見つけて寄せていけば上手くなるということです。

 

SEOで結果を出している人の記事はやはり読みやすく、レイアウト・記事構成がしっかりとしているので、そこを整えるだけであなたの収益は上がるでしょう。

 

そのためには読まれるブログと読まれないブログの違いなどを知る必要があります。

 

読まれない記事

☑️レイアウトが汚い記事

☑️一貫性がなく何が得られるか分からない

 

こんな記事はぶっちゃけ読まれないし、資産となりお金を生んでくれる確率は低いでしょう。

 

僕も昔はレイアウトや構成を全く気をつけず、ただただ書きたいことを書き殴っていましたが今ではみやすい、為になったといっていただけます。

 

では詳しくみていきます。

 

①:レイアウトが汚い記事は読まれない

 

内容がよければ読まれて拡散されて評価されるというのは残念ながら夢物語です。

 

☑️みやすい文章

☑️為になる文章

☑️実績がある人の文章

 

以外が拡散されて大きく評価されるのは難しいのではないかな?と最近では考えているので、自分にできることは始めてコツコツ続けるべきです。

 

“オトク”

読みやすい文章は今回紹介する

レイアウトスキルや

構成の練り方を意識すれば

上手になっていきます。

 

ブログ初心者A

確かに目標を決めて、

考えて書けば少しづつは、

上手になりそうですね!

 

“オトク”

為になる文章も、

過去の自分に向けて

知らなかったことをまとめて

悩みを解決できる情報を

インプットすれば達成できるはずです。

 

ブログ初心者A

過去の自分に向けて発信!

常にインプットをすれば、

成長できるし発信内容にも

困らないし一石二鳥ですね!

 

“オトク”

インフルエンサーには残念ながら

簡単には慣れないので、

ブログとSNSで地道に発信を

続けていきましょう。

 

ブログ初心者A

確かにインフルエンサーの人は

とてつもない努力量と思考を

してるから自分も同じ道を歩んで

発信していこう!✨

 

②:なんの情報が得られるかわからない記事も読まれない!

 

最近ではほぼスマホで記事や文章を読む為にスクロールする癖が読者にもついています。

 

“オトク”

あなたもそうでしょう?

なかなか一文字一文字丁寧に

読む人って少ないですよね💦

 

なので、情報の一貫性とこの記事で何が描かれているのか?というのは常に意識して構成を練るようにしたほうがいいです。

 

基礎として覚えておいてほしいのは『1記事1価値提供』ということです。

 

たとえば…

 

(例)読まれない記事
『ブログでお金を稼いでさらにそれを節約して資金を作り、不動産投資やFXで稼ぐ方法!』

 

こんな記事はぶっちゃけ情報量は多いですが、一貫性がないし情報が多すぎるので読まれませんし読んでも刺さりません。

 

1つのことについてしっかりと深掘りして書くほうか結果に対してまとめ記事を書くほうが読者はわかりやすいし読み進めてくれるんですね。

 

読みやすいレイアウトを作るには?

 

では、前提を押さえたところで実際に読みやすい記事のレイアウトを書く具体的な手法を紹介していきます。

 

結論から言うと…

☑️行間を揃える

☑️無機質な文字の占拠率

☑️サラッと読んでわかる文章

 

この3つについて紹介していくのですが、どれも綺麗で読まれるレイアウトを作る上で僕が意識している大事なことなので、ぜひ読んでいってください。

 

①:行間を揃える

 

行間にはとても意識を向けて記事を書いたほうがいいですね。

 

 

僕の書いた①.②の記事と③の記事だとやはりみやすさが違いますよね?内容が入りやすいのがレイアウトの魅力です。

 

意識すること

☑️見やすさ

☑️塊レイアウト

☑️文字列の行間のデザイン

 

この3つにこだわるだけで全然見栄えが違いますし、記事途中での離脱にも大きく影響してきます。

 

人は4ブロック以上の塊を読む気にならなくなるんですが、スマホでみたとき常に多くても5行以内に収まるように意識して文章を書いています。

 

辞書とか論文とか読みにくくてユーザーファーストじゃないですよね笑あれではあなたの記事にこだわってない読者は読む気にならないのでユーザーファーストでいきましょう。

 

②:無機質な文字の占拠率

 

ただの文章をつらつら書くのもあんまりオススメしないです。

 

それも読者が途中で飽きてしまうから、できるだけ避けるようにしています。

 

このあと詳しいことは説明しますが、だいたい2スクロール読んで無機質な文字しかなかったらどれだけ重要な文でもスクロールされます。

 

レイアウトに緩急をつける方法

☑️重要なところは差別化する

☑️色や文字の大きさで目立たせる

☑️このように箇条書きにしてみる

 

このように少し緩急をつけて読者を飽きさせない工夫をわかりやすくすることが簡単にみやすく綺麗なレイアウトにするコツかなと思います。

 

“オトク”

自分のブログをみてみて、

単調で無機質な文字がズラッと

なっていたら注意ですね!

チェックしてみよ!✨

 

色とかにも気をつけるとすごい優しいブログになると思いますよ。

 

 

③:サラッと読んでわかる文章

 

目次の入れ方や、中央揃え、ボックスなど本文と少し差別化した文書を読めば記事の大まかな内容がわかる記事というのがベストです。

 

記事を読むときにまずはサラッとスクロールして自分に大切な情報が載ってるかを確認してからちゃんと読む人も少なくないのです。

 

スクロールへの対策として

☑️重要なとことは目立たせる

☑️最後にまとめを入れる

☑️なんとなくレイアウト綺麗っぽくする

 

この辺を意識すると上に戻ってちゃんと読んでくれる可能性が上がるので、意識してみましょう。

 

このヒロアカ特集の時なんかは今とは違うけど、読みやすくて飽きないレイアウトになってると思いますので、ぜひ読んでみてください。

 

自分が思ってるよりも周りは自分を見ているということを考える。

 

読まれる構成の作り方を知ろう

 

さて、綺麗なレイアウトで読みやすい文書の書き方は理解していただけましたか?

 

次は読まれる記事の構成の作り方について紹介していきますね。

 

構成を作る上で意識していること

☑️PREP法で書く

☑️書く前に構成を練る

☑️スラスラ書かずに見直しをする

 

僕が日頃記事を書くときに意識していることはこの3つです。どれもとても重要な内容なので深掘りして話していきます。

 

“オトク”

ここがわかればあとは

実践するだけ!頑張って集中!

 

①:PREP法で書く

 

PREP法という言葉を聞いたことがありますか?ブログを書く人の中では一番実践されているライティングテクニックの1つだと思います。

 

 

このようにPREP、つまり『要点→理由→例→要点』の順番で記事を書いていくことで人間はスラっとその情報をインプットすることができるんです。

 

プレゼンテーションで使われる手法ですが、ブログ記事にも色々な人が応用して記事構成を作っています。

 

特に重要なのは要点と例のところで、ここでしっかりと何を伝えるかをまとめて例で具体的な手法を伝えないとなかなか満足度をあげることはできません。

 

PREPを意識して記事の構成を作ってみましょう。

 

②:書く前に構成を作る

 

僕は記事を書く前にある程度の構成を決めるようにしています。

 

 

もともとは自分のやり方でやっていたのですが、このマナブさんの動画での構成の作りかたがとても参考になったので今はこれでやっています。

 

 

今回の記事だとこんな感じで書いていますね。

 

こうやって推定読者や、問題提起、記事を読んだらどうなるか?などの情報を毎回決めて、ライティングすることで情報の一貫性を持たせることができます。

 

自分の記事を読んだら何が言いたいのか?どうして欲しいのかがバラバラで意味わかんないという人はぜひ作ってみてください。

 

③:スラスラ書かない・見直す

 

これは僕が結構やってしまうのですが、スラスラ書いている時は基本『自己満足ライティング』になっている可能性が高いです。

 

ライティング中はアドレナリンが出ていて、色々なことを考えてしまうので、自分の書きたいことを思うがままに書いてしまいます。

 

自己満ライティングを避ける方法

☑️常に読者の利益を考える

☑️書いた記事は見直す

☑️できれば1日寝かせる

 

これができればいいのですが、やはり書きたいこと書いてしまいますよね笑

 

しかしやはり書きたいことだけを書いて読まれるのはインフルエンサーだけなので、初心者ブロガーのあなたはまずはニーズのある記事を書きましょう。

 

“オトク”

うぅ…自分で言ってて

耳が痛いけど自戒の念を込めて

みんなにも伝えないとね😭😭

 

そのためにも記事の構成で書いたメモをちゃんと見て、推定読者の悩みはちゃんと解決しているのか?というのを確かめるようにしましょう。

 

これができれば記事の構成は作れると思います。

 

今回のまとめ!

 

さて、今回はブログ初心者のあなたに向けて読まれる記事の構成と見やすいレイアウトについて話してきました。

 

今日のまとめ!

☑️レイアウトが汚い記事は読まれない

☑️1記事1価値提供を意識しよう!

☑️読みやすい記事の鉄則をしろう!

☑️記事は構成でほぼ決まる!

 

など色々なことを話してきました。

 

やはり一番は読者のことを考えて悩みを解決していくというのが大事なことになっていきますので、構成の段階でいい記事になるかは決まります。

 

今回紹介したことは最低限守って記事を書いてみてほしいなと思います。

 

では今回はここまでです、

ありがとうございました。

 

関連記事はこちら!

 

👉ブログ記事はタイトルが全てを決める、SEO対策にもなり確実にアクセスが上がるタイトルの付け方

👉【ブログ記事よまれてる??】成約率を3倍にあげるリード文のライティング方法

スポンサーリンク