カテゴリー別アーカイブ: 大学生活

大学生活を媚びることで成功させた僕が感じる人から愛される方法!?

 

どうも、ブロガーのおとくです。

 

「人たらし」

たらしってなんかよくない言葉に聞こえますよね⬇⬇

女たらし、男たらしとか言われてる人いますよね?

 

[voice icon=”https://goo.gl/ndmu2y” name=“徳永” type=“l”]なんかイヤらしいイメージ![/voice]

 

だってさ、調べてみるとこんなの出るんだよ?

たらしとは、女性を騙して弄ぶ人のこと。

日本語俗語辞書より

 

「女性を騙す!?」

「もてあそぶだって!?」

 

じゃーたらしってのは悪いことなんですね、そっかーそっかーたらしには気をつけないと騙されて弄ばれるぞー

 

⚠ちょっと待ってください!⚠

 

たらしは基本悪いイメージで使われがちですが、現代の社会ではこの『たらし力』と言うのがすごく有効なスキルの1つなんです!

 

 

では近頃注目されるたらし力・媚びる力について徹底解説していこうと思います!

 

媚びる・たらしを再定義する

僕の中の2つの定義を考えるとこんな感じです。

 

[voice icon=”https://goo.gl/ndmu2y” name=“徳永” type=“l”]居心地がいい存在[/voice]

 

可愛がられるとか、ほっておけないとか、話してて気持ちいとかいろんな表現があると思いますが、

僕は目の前の人がいつでも自分といてくれるときに居心地が良い状態を作りだす。

 

これをたらし力と思ってます。

 

逆にここがしっかりしてるから媚びまくってもいいんじゃー!!

 

ってくらい自分と一緒にいると楽しい!ってわかってもらうのが大事だと思います!

 

 

たらし方を理解して今日から君もたらしマスターだ!

 

今日こんな記事を見かけたんです!

 

なるほど、、、

“いいやつ”になるな、“人たらし”になれ! CIAに学ぶ人脈テク6選

⇨記事はこちら

 

CIAに学ぶ人脈テクニックだって!?これはみるしかない!と思って読んでみたら、

凄いいい内容だったので、ここで僕なりの意見や考えを入れながら話していきますね!

 

人たらしになれるテクニック①:相手の話にじっくり耳を傾ける

 

簡単に言うと、、、自分が聞きたいことを聞こうとするんじゃなく

相手の話したいことを話させて、自分の知りたいことを引き出す

 

ってことですね^ ^

 

よく聞き上手と言う言葉が使われるけど、聞き上手で引き出し上手な人は人たらしの才能ある!

そして全部引き出すんじゃなくて、少しづつ、相手の口からこぼれるのを待つと言うのも大事です!

 

人たらしになれるテクニック②:ライバルにも礼儀を尽くす

 

これは僕はライバルだけじゃなくて嫌いな人以外の人には礼儀を尽くすようにしてます!

 

この人と付きあいたくないと言う人には自分から話に行かないし(時間と精神の無駄だから)

でもその代わりに好きな人はもちろん、ライバル、他人にも礼儀は尽くさないといけない。

 

 

[voice icon=”https://goo.gl/ndmu2y” name=“徳永” type=“l”]時間やお金それと繋がりの天秤の掛け方は難しいけど、本当に大事な人には両方使いたい[/voice]

発信して媚びると時間もお金も使いたい人が寄ってくる

僕は大学生のうちにこの人になら時間もお金も使いたいと言う人に出会えて本当によかったです。

 

そしてなんでそれができたかって言うと本当に2つだけです。

 

「言葉にしていた」
「媚びていた」

 

この2つをすれば本当に大事な縁や繋がりを作れます。

 

別に目の前の人に嘘をついて媚びまくれってことじゃないです。

この人の為に色々したい、この人とは将来付き合えそうと言う人にとことんGiveを続ける。

 

まずは目の前の人に

一生懸命接してみてあげてください。

大学生の正しいお金の使い方について話そうと思う。

 

どうも、金なし大学生のおとくです。

 

「お金ないよぉぉぉ」

 

大学生になるとバイトとかでお金が増えて嬉しくなっちゃってついつい使い過ぎますよね?

僕もお金がある時はついつい使い過ぎちゃって浪費グセがついたりしました。

 

そんな金欠大学生にお金の使い方について話します。

 

大学生のお金の使いかたって何がある?

 

出費の種類って知ってますか?

 

あまり大学でお金についての授業はないので、知らない人は多いと思います。

僕も本を読んでいて知った言葉でフリーランスをしているとこのお金の使い方がとても大事だと感じます。

 

「投資」「消費」「浪費」

 

これが世の中の3つのお金の使い道です。

 

それぞれ見ていきますね!

 

①:投資

 

これはお金を使って自分を成長させるもしくはお金を増やす行為ですね!

FXとか株とか仮想通貨とか最近では短な存在なので、聞いたことあると思います。

 

お金でお金を増やすてかっこいいね笑

 

それと自己投資という言葉も最近ではよく聞きます。本を買ったり、セミナーを受けたり、自分に投資して成長するということですね!

 

②:消費

 

僕たちが毎日していることですね、

移動の為の交通費、家賃、スマホ代など生活するために必要なお金です。

 

とてもわかりやすい例があったので、載せておきます。

 

『消費』は、支払った金額と同等の価値や効果が期待できる支払いのことです。光熱費や交通費、通常の生活費全般がこれにあたります。

 

③:浪費

 

浪費は防げていた消費や全く価値を生み出せないお金の使い方です。

 

例えば家まで歩くのがしんどくてタクシーとか、何も考えずに衝動買いとかギャンブルとかそれこそ見栄で買った高い時計とかブランドですね。

 

何も生産性も戦略もなく、ただただお金を使っている。大学生なら自動販売機で毎日ジュースとかもこの浪費の1つですね。

 

「僕も3回生までずっと自販機コーヒーしてた」

 

はんせい、、、

 

『投資』は「支払<効果(影響)」
『消費』は「支払=効果(影響)」
『浪費』は「支払>効果(影響)」

参考記事はこちら

 

この解説がとてもわかりやすいです。

 

お金持ちになりたいか?

 

やっぱり人間たるものお金って欲しいですよね。金の亡者になるってことじゃないし、お金が1番大事ってことじゃなくて、お金ってやっぱりあると便利です。

 

ではお金もちになるにはどうすればいいでしょう?

 

もちろんですけど、お金を稼がないといけません。稼ぎかたについて、このブログで自分の好きを発信するということを紹介してます。

 

そう、お金持ちは収入も半端ないけど出費にも気を使ってるんです。

 

「えぇーお金持ちってなんかすげー無駄なことにお金使ってない!?」

 

それは僕も思ってたんですけど、やっぱり意味があったんです。

 

大学生でもできる!お金持ちのお金の使い方

 

では大学生でもできるお金持ちも実践しているお金の使い方について話していきます。

 

お金持ちと大学生で全くお金の使い方が違うのにそんなことできるの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

 

バイトでもフリーランスでもなんでも働いていれば可能です。

 

 

大学生の浪費とお金持ちの投資の割合

 

金なし大学生のお金の使い方の割合を考えるとこうなります。

消費:7割
浪費:2.5割
投資:0.5割

 

逆にお金持ちのお金の使い方を考えましょう。

消費:7割
浪費:0.5割
投資:2.5割

 

いやもしかしたらもっと投資に回しているかもしれませんね。本物のお金もちになるともっと投資が多いでしょう。

 

この使い方ができるのが長期的なお金もちになると言われてます。短期的なお金持ちは一気にお金を手にしてそれをほとんど消費と浪費に使います。

 

「それじゃ無理だろ!」

 

客観的に見るとわかっても、自分がそうなるとわからないものですね。

 

あなたは収入の何%を投資に使ってますか?もし今朝何も考えずに自販機でジュースを買ってたら気をつけたほうがいいですね。

 

毎月いくら自販機に募金してますか?

 

金なし大学生は目の前のお金の出入りに敏感

 

あなたは何か周りのものでこれは高くていいものを買ったというものがありますか?

 

僕はこの仕事道具のマックですね。

これは頼み込んで買ってもらったんですけど(すねかじりクソ野郎です。)

仕事道具なのでこだわってマックにしました。

 

例えばこのPC、普通に安く買えば5万円とかで変えるものがあります。

しかしそれではやはりスペックが悪くてイライラしながら仕事したり、すぐ壊れたりします。

 

目の前の出費を見れば高いマックもこれから壊れるまで使う仕事道具だから

ということでより長く、ストレスなく使えるものを選ぶということです。

 

もちろん全てにそれをする必要はないです。長く使えるからということで何にもやくに立たないブランドをつけてもただの浪費です。

 

しかし3000円の服を毎月買うよりも、10万円の服を1年間使ったほうがはるかにやすいです。

 

それに周りからのイメージもよくなるでしょう。

 

お金持ちは目の前のお金の出入りじゃなくてそれがどれくらい使えるのか?

それを買うとどんなプラスが自分に出るのか?を考えます。

 

安いものを何回もかうよりも高いものを長く使うほうがいいということを身をもって知っているんです。

 

大学生のうちからお金の使い方について知ろう

 

さて、今回は金なし大学生のお金の使い方とお金持ちを比較して話してきました。

 

少し長くなりましたが、どうでしたか?

 

こんな偉そうに話している僕もまだまだ浪費が多いので、(特にイライラしている時の冷凍食品とビールww)

 

今からでも浪費を抑えて投資にもっとお金を使って、マインドからお金もちになりたいと思います。

 

そのためにももっと仕事しないとですね!

 

大学生に知って欲しい遠回りは別に悪いことじゃない

 

どうも、遠回りしがちなブロガーおとくです。

 

「なんで自分こんなに遠回りしてるんだろう…」

 

毎日動いて思ったよりも結果が出ないと、そう思ってしまうこともあるでしょう。

僕ももともと不器用でやれと言われたことをやるというのが苦手な性格だったのでよくわかるんです。

 

自分には周りが当たり前のようにしていることをこなすことができない。その事実に僕はとてもコンプレックスを抱いていました。

 

「何気なくなんでもこなす人だったら…」

 

テストや運動、仕事なんにしても僕はいつも遠回りでした。今も飽きずに遠回りしています。

 

他人に遠回りしているよと言われる悔しさ

 

これはつい一昨日のことですが、やっぱり自分のやっていることを人に伝えると「なんか遠回りしているね」って言われました。

 

高校の時も自分の勉強法を人に話していたら「なんでそんなに非効率なやり方してるの?」と言われたことがありました。

 

勉強の時は「だってこのやり方しか知らないんだもん」といって、勉強を続けてました。

 

自分はこれで大丈夫だから、普通の人よりも頭が悪いから周りと同じやり方だと成功しないんだ。

ずっとしていた野球でも僕は周りより下手だったから自分と父さんと考えて、練習してました。

 

不器用でトンチンカンで遠回りばかりしている自分。これが最悪の自分を生んでいると思ってました。

 

大学生になって遠回りが好きなんだと思った。

 

大学生になって、流石に18年間背負っていた遠回り体質このコンプレックスにも慣れてきて、自分は遠回りが好きなんだろうと思うようにしました。

 

なんでも効率的に機械みたいにしていては面白くないじゃないか。

 

人よりも時間をかけて、不器用に遠回りをする。これを1つのこだわりにしていたのです。

 

何か覚える時もひたすらノートに書き写したし、何か話す時もアドリブが効かないからスクリプトを作り込みました。

 

スピード命のビジネスでもスピードは出しながらどうにか自分の色を入れることはできないかと遠回りする方法を考えます。

 

そう、遠回りは自分という色を入れる方法の1つになっていたんです。

 

大学生は自分のこだわりは捨てるな

 

よくスピードが命という人がいます。その通りです。僕もそう思います、何かするにおいてスピードは命だと思います。

 

スピードが遅い人は結局結果が出るのも遅くて、うまくいかない人が多いでしょう。

 

しかし僕が大事だと思うのは初速です。

 

ずっとフルスピードで走る必要はないんです。僕でいう初速というのは、何かを始めて1ヶ月。

 

まぁ始める前にやめる人もいるのでそれは論外ですが、、、

 

僕はもう少しでこのブログを初めて1ヶ月。とにかく走ってきました。

遠回りが好きな僕がひたすらブログブログ、、、すごい楽しかったです。

 

そしてこれからはこだわりのステージにたつと思ってます。

もちろん毎日ブログを更新するというのは変わってません。本当にそれだけです。

 

しかしここ1ヶ月で50記事のペースでかいてきたので、もう僕にとってブログは習慣の1つになったんです。

 

だから僕は大学生にはまずは習慣化するまではスピード命でいって欲しいんです。

 

バイトでも遊びでも恋愛でもなんでも1ヶ月とにかく成功している人の真似でもなんでもいいので、とにかく走る。

 

大丈夫です、失敗するかもしれないですが、始めた時点で勝ち組です。

 

大学も人生も遠回りして欲しい

 

僕はなんでも最短距離でいけという考えはあんまり好きじゃないです。あくまでも最初の1ヵ月。

ここを全力を出してやることで、なんでもありの遠回りのステージに変わります。

 

そしてそこからは色々な選択肢を見て分析してください。最近聞いたセミナーである人が言ってました。

 

他を知らないこだわりは無知だ

 

こだわりは悪いことではないです、遠回りも悪いことではないです。

しかしそこで1つの選択肢しか知らないのにそれをこだわりと呼ぶのはただの無知の証です。

 

色々な物を見て、知って、確かめて、自分のこだわりを見つけてください。

 

僕のこだわりは遠回りです。

誰よりも遠い道を歩いて周りが走るのをやめても歩く。これが僕の戦略でこだわり。

 

あなたのこだわりはなんですか?

夢のない大学生の今と将来を変えるためにしてほしい1つのこと

 

どうも、夢なしブロガーのおとくです。

 

「大学生活始まったはいいけど、バイトと勉強と遊びで将来のことを考える暇なんてないなー…」

 

確かに大学生になると色々なことができるけど、何をしていいかもわからないし、選択肢が多すぎてわからないですよね。

 

「やりたいことをやれ!」

 

そんなことを言われても、いやそのやりたいことがわかんないんだよ!ってキレたくなりますよね。

 

やりたいことがない、将来の夢が見つからないって人に向けて、今回はやりたいことリストについて話したいと思います。

 

夢のない大学生はやりたいことから入ろう!

 

夢がないことにコンプレックスを抱いている大学生もいると思います。(過去の僕がそうでした)

 

今も正直夢はないです。

 

関連記事

夢の重要性について

 

夢がなくてコンプレックスだった自分から夢はないけどやりたいことがある自分になると凄い『今』を楽しむことができます。

 

そして何をするかよりもどうするかが重要ということもこのブログの記事で紹介しました。

 

関連記事

大学生活で全力でやれることがないあなたへ

 

では全力でやるのが大事なことはわかりました。では次は何を全力でやるのか?ということですね。

 

正直に言います。

 

「やりたいこと全部!」

 

そう、やりたいことは全部やっていいんです。そしてそのやりたいことを探すためのやりたいことリストです。

 

夢のない大学生はやりたいことリストを作れ!

 

ではやりたいことリストについて少し解説していきましょう。

 

 

 

こんな感じでやりたいことリストを作る人は多いです。僕も少し前に流行った時

(2年前)くらいに1度作ったんですけど、なんかホテルマンじゃなくてブロガーになったんで、全然今と違います笑

 

多くの人は100を目標にして書いている人が多いのですが、最初はなかなか出てこないと思うので、後から継ぎ足ししていく感じですね!

 

まずはやってみるというところから始めましょう。

 

ではここからはやりたいことリストの詳しい解説をしていきます。

 

①:できることじゃない

 

やりたいことリストを作ってみて、っていうとやれることリストを作る人が多いんですよね。

 

「やれることとやりたいことは違うよ!」

 

正直に言って、このやれることとやりたいことの違いというのは本当に重要です。

ここを理解してないと100なんてかけないし、意味ないんです。

 

例えば僕ならパスポートも取ってないのにパリにいきたいとか書いてましたし、多くの人はそんな感じです。

 

自分ができるかどうかなんて正直どうでもいいんです、そのリストにはやりたいことだけを詰め込んでみてください。

 

②:人のやりたいことリストをみる

 

やりたいことリストで検索するとおそらくいろんな人のやりたいことリストがみれます。

 

僕も最初に書いた時は人のをみながら書いてました。

人のをみながら書くことに抵抗がある人がいるんですけど、全然気にしなくていいです。

 

大事なのは自分のやりたいことを書くこと。

 

そして「人のやりたいことは自分のやりたいことだったりする。」ということです。

 

今までちゃんとした教育を受けていると僕たちはカンニングということに凄い抵抗があるんです。

確かに大学でカンニングしたら怒られるかもしれないです。しかし社会に出るとカンニングしたい放題です。

 

とにかく人のやりたいことリストを見まくって自分の妄想を働かせてください!

 

③:考えすぎない

 

やりたいことリスト100作ってみよ!ってなるとこんな風に思うひとがいます。

 

「これって本当に私のやりたいことなのかな?」

 

結構あるあるだと思うんですけど、正直気にしなくてください。

あんまりそこで悩んでも意味ないんで!

 

それに、やりたいことリストって言っても今のやりたいことリストなんで、

たまに見返してこれそんなにやりたくないなってなったら消せばいいし、

後から付け加えていけばいいので!

 

100を目処にする人が多いですけど、上限ないので、どんなくだらないことでも、やれそうにないことでも書いてみるのが大事ですね!

 

夢のない大学生へ

 

さて、今回はやりたいことリストについて話しました。

 

僕も最新の物を作ってないので今日、挑戦してみます!

 

やりたいことリストなんて書いても意味ないって思っている人がいるなら、勘違いです。

 

それにこれは僕の実体験ですけど、やりたいことなに?っていう地獄の言葉から逃げれるなら少し気を変えて書いてみても良くないですか?

 

もちろん希望的な未来を探すためのリストですけど、そういう現実逃避にも使っていいんじゃないかな?って思ってます。

 

やりたいことは無限です。

形にするのが大事。

学部と関係ない進路を歩もうとしている君へ伝えたいこと。

 

どうも、理系クリエイターに憧れるおとくです。

 

何かモノを作っていきていきたい。これは僕が今年度に入って強く思い続けている思いです。

そしてその頃にずっと並行して思ってたことがあります。

 

「理系大学っていいなー」

 

いや、わかってるんです。自分で選んで今の大学に入ったし凄い大学生活も面白いし、

でもやっぱりモノつくりをするなら理系じゃね?何か研究とか色々やってさ、

朝まで徹夜して研究、研究、研究。

 

そういう生活に凄い憧れるようになったんですよね笑

 

しかし僕は今、文章というツールを使って、ブログを作っていきています。

この時に気づきました。文系も理系も関係なかったんだ。(今も少し憧れはある)

 

もしあなたが何かしたいことがあって、それが大学の学科や学部にあってなくても全然関係ないということを今回は話していきます。

 

学部と進路は関係ない

 

僕はちなみに観光学部観光学科です。最初はホテルマンになりたくて、今の大学を選びました。

しかし大学生活の中で、ものつくりが好きということと文章を褒められたという経験で、今はブロガー・ライターを仕事にしてます。

 

それに大学に入ったのに、学歴の関係ないフリーランスになるのも、学部や大学が進路に関係ないということです。

 

「せっかく働くんだから好きなことをすればいいよ!」

 

凄い単純な話です、これから時間を使って働くんだから好きなことをする。本当にこれだけです。

 

学部と進路が関係あるなら経営学部は経営者

 

だって、学部と進路が関係あるなら、経営学部は経営者み経済学部は経済学者になってますよね?

 

でもそんなことない。うちの観光学部の大学でも他の公務員になったり、観光に関係ない職種になる人はたくさんいます。

 

学部と就職の関係性はないけど、もちろん有利不利はあります。

 

学部と進路は関係ないけど不利にはなる

 

当たり前ですけど、専門性のある仕事になると有利不利が出ることはあります。

パソコン系の技術があればIT系の会社には有利ですし、4年間勉強してきた差は圧倒的に出てきますよね。

 

僕も観光やサービスのことをずっと学んできたので、ホテルや観光のことについては理系の人よりは知識や実践経験があるかもしれないです。

 

時間を割いてその勉強をしていたからこそ、できることがあると思うんです。

 

流石に僕が今から法律や政治関係の仕事につきたいと思っても、法学部の人に追いつくにはとてつもない時間がかかるでしょう。

 

もちろんその専門の学部じゃないとしても進路を変えることはできます。

それは前半の内容で説明しましたよね。

 

しかしそのあなたがつきたい仕事に大学生なら4年、いやもっと前から何年もの時間をかけて目指している人もいるということは考慮するべきかもしれないですね!

 

最後に知っておいてほしいこと

 

さて、先ほどは少し厳しいことを言いました。

しかしこの記事で伝えたいことは「学部と進路や夢は関係ない」ということです。

 

もしあなたが大学生ならわかるかもしれません。あなたは大学4年間、将来の夢の事だけをおい続けて邁進してきましたか?

 

毎日継続するというのはとても難しい事なんです、それはこうやってブログをしている僕がとてもよくわかります。

 

僕もホテルマンになりたかった時期にホテルマンになるための勉強を毎日しているかというと全然そんな事ないです。

 

やっぱり遊んでいたし、授業もサボったし、一日寝ていることもありました。

だからこそ、僕は学部と進路や夢は関係ないと確信できたのです。

 

僕は大学でブログやコピーライティングのことについては0ミリも学びません。

文章のことなら文学部とかの人の方が優れていると思います、しかし僕は毎日のように記事を書いて、ブログと文章と向き合っています。

 

これを一年続けられたら本当に学部と進路や夢の関係性が0になると思います。

 

多くの人が365日継続なんてできません、だからこそ僕はそこに勝機を感じてます。

 

「学部と進路は関係ないけど、全てはあなたに関係がある!」

 

あなたはどうですか?

「フリーランス!興味ある!」そんな大学生と社会人に今すぐしてほしい3つのこと

 

どうも、コピーライターのおとくです。

 

今日は僕から大学生や副業で何か始めたいと思っている人に今日からでも意識してほしいことを話したいと思います。

 

「何からしていいかわからないぃぃぃぃ」

 

だけどいきなり、有料ブログを始めたり、コピーライティングを習いに大きなお金を払うのは怖い^^;

 

そんな人に少しでも準備段階としてできることを話していくので、何か就職時に有利になるならとか、

副業に興味があるけど仕事が忙しくて手につかないという人に読んでほしいです。

 

フリーランスへの第一歩はブログ

 

もちろん、転売や仮想通貨など色々な流行りがあると思うのですが、まずはブログを初めてみるのがおすすめです。

 

それにはもちろん理由があって、、、

 

「圧倒的な資産になる!」

 

ということなんですよね。

 

将来的に資産として残ってるものを考えると、ブログは継続する限り残るものなので、自分の成長を表す最高のデータになってくれます。

 

仮想通貨や転売は何か人に影響を与えるものではないです。

しかしブログは他人に読んでもらえるので、レバレッジが効きやすいですね!

 

将来フリーランスになろうと思うならそれが名刺代わりになるし、あなたがどんな活動をしているのか、どんな人間なのかも人に見てもらえるので、ブログがおすすめです。

 

最初は無料でも絶対に有料がいい!

 

無料ブログ、『はてなブログ、アメーバブログ、ライブドアブログ、ラインブログ』

色々な無料ブログサービスがあります。

 

もちろん最初の趣味から始めたのにいきなり有料にすることもないですが、やはりおすすめは有料です。

 

有料のいいところは…

 

・自分らしいブログにカスタマイズできる

・サイトがなくなる確率が少ない

・お金をかけるので継続しやすい

 

など色々なメリットがあります。

逆にデメリットはあまりありません。

 

自分のフリーランスの名刺としてブログを使うなら自分らしくカスタマイズした方が相手に伝わるし、

 

アメブロはサービスが終了したら、そこで終了です。ずっと書いてきたブログがサービス停止でなくなったら辛いですよね…

 

それに何よりも続かないと意味ないですから、モチベーションを高めるためにも有料の方がおすすめです!

 

「目指せ!フリーランス!」

 

フリーランスに興味ある学生や社会人に今からでも気をつけてほしいこと

 

で、ブログを始めた方がよくて、無料より有料の方がいいのはわかったけど、日常生活で何を気をつければいいのかわからないよ…

 

ですよね、そこはこれからパンクしないように僕が気をつけているフリーランスに興味がある、

大学生・社会人の人にも知ってほしい2つのことを話そうと思います。

 

①:時間を意識する

 

お金の浪費って僕らはよくしているけど、気がつかないうちに時間の浪費もしているんです。

朝起きて何もしない10分間、電車の中、授業中。色々なところで時間の浪費が行われてます。

 

でも!フリーランスの最大のメリットはやはり、時間です。

 

なので時間を獲得するためには時間の使い方にはより敏感にならないければいけません。

 

「時間の無駄遣いはお金の無駄遣いよりも悪だ!」

 

フリーランスに興味があるのに、学生や社会人が時間に気を使わなくてなれるわけないです。

何かを手に入れるにはそれについて突き詰めて考えるしかないので、フリーランスは時間に厳しいんです。

 

②:言葉を意識する

 

言葉というか発信には意識を傾けようということです。

僕はブロガーやライターなど言葉に多く触れる仕事をしているので、自分が発信する言葉や人が発信している言葉には気をつけてます。

 

デザイナーでもライターでもブロガーでも一律に言葉には意識を向ける必要があると思ってます。

 

フリーランスは自分で仕事を作るか、人から受注しなければいけません。

誰も汚い言葉を使う人に仕事を頼もうと思わないし、その人のサービスを受けたい!って思わないですよね?

 

この2つをまずは意識して、発信を続けることでフリーランスに興味のある大学生も社会人も全然違います。

 

言葉と時間、簡単そうで難しい2つです。

バイトが辛いとか言って続けてる奴はまじで時間とお金の無駄遣いだからやめとけ

 

どうも、バイトをやめて1年のおとくです。

 

「大学時代に頑張ったことはバイト」

「休日はバイトに行ってました」

 

こういう人って結構多くないですか?

大学とかで話しているとバイトの話ししかない人。

 

 

否定するつもりはないんですけど、やっぱり僕はこんなこと思っちゃいます、、、

 

「流石に勿体無くない?」

 

バイトを嫌いなのにお金が欲しいからやっている人がいます。僕はバイト時代はUSJ付近のホテルのレストランで働いていたのですが、特に辛いとは思ってませんでした。

 

でもバイトだけやっていたら流石に辛いし、何より時間とお金が勿体無いと思うんです。

 

今回はバイトしかしてない人に向けてその生活の危うさについて話します。

 

バイトが辛くても大学時代には2つ以上のことはしよう

 

僕はバイトもそんなに辛くなかったし、大学にはイベント作りがありました。

僕は最低でも大学生活では好きなことを2つ以上は掛け持ちでするべきと思っています。

 

たとえば僕の場合は、、、

 

3回生まではイベントとバイトが好きなことでした。サービスの勉強ができるレストランは良い空間だったし、イベント作りは何よりも楽しかったです。

 

今だと、ブログと外の人と会うことです。バイトや大学以外の関係性を作るのはとても面白いことです。

 

このレベルでも良いので、何かこれとこれには大学時代は時間を使ったと胸を張れる物をしたほうがいいです。

 

その時に意識して欲しいのは今の自分にできないことをするということです。

 

例えば僕はバイト時代に今までできなかったサービス技術を身に付けるのが面白かったし、イベント運営なんて誰でもできないし、初めからはできなかった。

 

そんな風に今できないことを2つ以上最低でも1年間続けられたら、強いです。

 

ゲームとバイトとかはだめ!思考停止しないで自分ができないことで熱を持てるものを探しましょう!

 

好きじゃないのにバイトや仕事だけしているやつはつまらない

 

まぁこれは好きじゃないことだけしている人全員に言えることなんですけど、、、

 

やっぱり情熱を持ってないことにしか時間をつかってない人は印象としてつまらないです。

 

例えば就職活動1つとっても、学生時代にバイトしかしてない人よりも

同じバイトしかしてなくてもバイトの話を事細かに熱を持って話してくれる人は見込みがありますよね。

 

面接官

「こいつ、、できる!!」

 

仕事でも同じです、バイトをしていた時から思ってたんですけど朝、死んだ顔で通勤している人と

帰宅時に楽しそうに上司や部下の愚痴を言っている人は本当に何してんの?ってなります。

 

いや、ほんとに電車って人の本当の部分が出ますよね笑

大学生の人は注目して朝の電車と夜の電車でスーツ姿の人の話を聞いてみるといいです。

 

こんな大人になりたくないって気づくはずですから。

 

電車の話はいくつかありますけど、同じ電車に乗っている人の年収はだいたい同じという話をどこかの本で見たことがありますね。

 

バイトが辛いののにそれしかしないのは時間とお金の無駄遣い

 

大学時代って僕らが思っているよりもとても大きな意味があるんです。

 

 

色々なことにたいしてノーリスクで挑むこともできるし、いろんな人に会う経験も動けばできる。

 

僕は20代は本当に今からでもなんでもできると思ってます。その中でも特に大学生活は何かしない理由がないです。

 

だからバイトや仕事を辛いと言いながら続けている人にはこう言いたいんです。

 

「まじで時間とお金の無駄だよ」

 

大学生活での夢を追いかける以外のでバイトはお金を稼いでるんじゃないんです。逆にお金を捨てていると思っていいです。

 

バイトを否定しているのではなくて、やりたくないことに時間を使うことを否定しているんです。それだけは本当にやめたほうがいいです。

 

特例は自分で学費を払っている人です、それは家庭の事情で色々あると思うのでいいです。

それに学費を自分で払っている人は時間とお金の重要性に気づいているので、そこまでして通う大学生活を無駄にはしません。

 

僕はこの2つが20代でできる人は最強だとおもってます。

 

「好きなことができる人」

「種まきをひたすら続けられる人」

あなたはどう思いますか?

モチベーションが保てない人必見!「今日何もしてなくね?…」を解消する方法

 

どうも、カフェ巡り(仕事)が趣味のおとくです。

 

「仕事できねぇぇぇぇ」

 

こんなときって結構ありますよね?僕は普段から自分で仕事の管理やスケージュールを組んでいるので、モチベーションの維持も仕事の一つです。

 

いやほんと何をするにしてもモチベーションって大事だなーって最近はほんとに思います。

 

「ぐへー何もやる気起きねぇぜ…」

「今日はあれやりたいけどまぁいっか!」

 

そんなこと言ってたら、、、

 

「あれ?結局今日何もしてなくね?」

「もう月末や…」

 

こんな風に絶望の月末や週末を迎える毎日です。

 

今回はそんな仕事や学校の課題に必須のモチベーションを維持する方法について話していきます。

 

大学生のモチベーションの保ち方

 

人に夜と思うんですけど、大学生になると一気に自分で決めるものが多くなって、モチベーションという言葉が一気に重要になってきませんか?

 

授業も自分で取った分だけ、しかも5回までなら休んでいいし、遅刻もある程度は許されるし、

 

授業に関しては中学高校は行かないっていう選択肢が少なかったけど、部活もしてないと大学にいくモチベーションすら保てません。

 

「イベント運営してなかったら僕もやばかったかも…」

 

僕はこれを考えて思いつきました!

 

「大学に何か目的を作ればいいんじゃねぇぇ(・∀・)ニター」

 

そうです、大学生が何か授業などにいけない時は大学にいく目的を作ればモチベーションを保つことができます。

 

僕は無意識でしたが、イベント運営という目的が大学にある時と、ブログや人に会うことが多くなった今とでは大学にいくモチベーションは全然違います。

 

これって意外とどんな小さなことでもいいと思うんです。

 

・あの子を一目見るため

・あの先生の授業が意外と面白い

・友達と昼休みにする人狼が最高

 

こんな本来の目的とは全くかけ離れた、ことでもやっぱりモチベーションの状態は違います。

 

仕事のモチベーションの保ち方

 

フリーランスで仕事をしている人はもちろん、会社勤めしていても何か勉強をしたり、仕事を持ち帰ったりする時はなかなかモチベーションの維持が難しいです…

 

何か緊急事態にならないと手がつかなかったり、

「こんなのあとまわしぃぃぃだ!!」

 

こんな風にやりたくないことをやろうとしてやる気出なくて消沈ということはよくあります。(僕も)

 

僕はこれを解消するためには3つのことを意識してます。

 

①:10分だけでもやる

 

意外と効き目のあるこの行動。

少しだけでもやることで、「あれ?ちょっとノってきたかも!☆」となって意外とそのまま集中できます。

 

やる気が出ないのって何もしてないから出ないだけで、少し動くと面白くなって捗ったりするんですよね!

 

②:場所を変えてみる

 

僕はどこでも仕事ができるのでできるだけ作業する時は場所を変えるようにしてます。

 

特にモチベーションの低下を感じる時は少し離れた場所まで歩いて行ってそこで作業することもあります。

 

いつもと違う雰囲気に詰まっていたアイデアが出始めて、ちょっと楽しくなってきます。

 

③:人を変える

 

一緒に仕事をする人もできるだけ変えるようにしてます。色々な人に声をかけて仕事をしたり、

何か集中して作業したい時意外は人と作業した方が色々話すこともできるし、

何か新しいアイデアに繋がりやすいんですね!

 

違う人と話すことによって普段とは違う発想になりますし、何より楽しいですね!

 

「うぉぉぉぉこんなんじゃやる気でねぇぇぇよぉぉぉぉ」

 

そうですか、じゃー最後の手段ですね!

 

まじでモチベーションが保てない時は何もしなくていい

 

本当にガチで何もしたくないという時はもう一日中ベットで寝ててください。

少しこれでいいのかな?とか不安な気持ちが出ても絶対に布団から出ないでください。

 

そうすると夜7時くらいにこんな気持ちになるんです、、、

 

「まじで今日何もしてないな…死んじゃう…」

 

そうすると流石にこんなにも休日に何もしないのは人生の損だ!みたいな感情が出てきて、少し何かしてみよっかな?ってなるんです。

 

もちろんこれは何もしなくてもいいときに使って欲しいです。緊急の納期の前とかにすると色々ヤバイんで^ ^

 

最後に一言、一日くらい仕事しなくても死なないよ👌(休日)

 

僕も大学にいくモチベーションが…笑

褒められて伸びるのは当たり前だから褒められるように頑張れ

 

どうも、褒められて伸びるタイプのおとくです。

 

最近では少し聞かなくなったかもしれないですけど、、、

 

「わたし(俺)って褒められて伸びるタイプなんだよねー」

 

それを聞いて僕はこう思うんです。

 

「いや当たり前だろーーーー」

 

今回は褒められて伸びるタイプの僕が実際に褒められて伸びるタイプの人に話をしたいと思います。

 

褒められて伸びるタイプって当たり前だよ

 

これは僕個人の感想ですけど、世の中には2種類の人間がいると思ってます。

 

・褒められることでしか伸びないタイプ

・褒められても伸びるタイプ

 

この2つの違いってわかりますか?

 

1つ目はよくいう褒められて伸びるタイプの人です。叱られるとやる気を無くして、自分の努力を認めてもらうことでしか成長することができません。

 

対して、2つ目は主には怒られてそれをバネにして頑張ろうという気持ちになって結果を残し、その結果に対して称賛されて、成長するタイプです。

 

あなたが耳にする褒められて伸びるタイプというのはこの1つ目の褒められてしか伸びないタイプのことを言っているのです。

 

怒られて伸びるタイプの人はもちろんですが、褒められても伸びます。

その差は本当に大きな物なんですよね。

 

 

褒められて伸びるタイプと言っても誰も褒めてくれない

 

これは僕自身の経験から思うことなんですけど、「僕って褒められて伸びるタイプなんですぅ」

って言ったとしても自分のことを褒めてくれる人ってそんなにいないんですよね。

逆にそんなことを言っただけで褒めてくれる人はちょっと危ない気もします。

 

褒めてくれるのはあなたが少しでもいいことをしたからだし、何にもしてないのに褒めてくれる人なんていません。

さらに大学生になったり、社会に出たりすると努力だけじゃなくて、結果でしか褒めてくれない人もたくさんいると思います。

 

結果でしか褒めてくれない人が増えているのに「わたし褒められて伸びるタイプなんですぅ〜」なんてクビになるから早く結果出せよとしか言ってあげられません。

僕は結果だけしか評価しないのは少しどうなのかな?と思っていたのですが、しかしやっぱり結果を出さないと行けないのは確かです。

 

褒められて伸びるタイプなら褒められるようにしなさい

 

じゃー褒められて伸びるタイプに行き着く道はないのか?っていうとそんなことないです。

 

簡単なことなんです、褒められて伸びるタイプだと思っている人は、自分が褒められるように何か少しでも結果を出すしかないんです。

 

それは別に会社の利益に直接繋がるモノじゃなくても、こいつのコーヒーを飲むと何か落ち着くとか、こいつと一緒に飲んで愚痴を言ってるだけで日頃のストレスが少なくなるとか。

 

そんなことでも大丈夫なんです。

 

しかし口に出して褒められて伸びるタイプと自分から言っている人はその自分を伸ばしてくれるはずの褒められるを貪欲に取りに行こうとしてません。

 

もしかしたら自分が成長しない言い訳を周りが褒めてくれないせいにしている人もいるかもしれないですが、それでは一生あなたが成長して認められる日はこないでしょう。

 

 

今日は少し厳しいことを言ったかもしれないですが、最後に一言。

 

「僕も褒められて伸びるタイプなんです。笑」

いつでも褒めて欲しい、、、

〇〇しなさいは言う方も言われる方も不幸になるからやめとけ

 

どうも、ブロガーのおとくです。

 

「勉強しなさい!」

「学校に行きなさい!」

「ゲームはやめなさい!」

 

本当にこれを本心で言っている人は言った側も言われた側も不幸になるからやめたほうがいいですよ。

 

意識しないで「◯◯しなさいって」言ってる人多くないですか?

僕は少なくとも今年度が始まるまではずっと使ってました。(本当に後悔)

 

今日はそんな〇〇しなさいと言わないほうがいい理由とその後について話していこうと思います。

 

〇〇しなさいはキレてるよね?

 

〇〇しなさいって本当にしょーもなくてクソみたいな言葉だなーって思うんです。

僕もずっと使っていて、その怖さには色々考えた末にでた答えなんですけど、

 

「それってキレてない?」

 

 

〇〇しなさいの奥にはこんな意思が隠れてるんです。

 

・自分はこんなに辛い思いして努力しているのになんであなたは何もしてないの?

・自分より何もかも持ってるあなたが私ができなかった〇〇を諦めるのは間違ってる。

 

確かに気持ちはわかります、でもそれってキレてませんか?

あなたは確かに頑張ってるかもしれないですけど、それはなんのために頑張ってるんですか?

 

もし頑張ってる自分を誰かにアピールするためなら周りの努力してない人たちにイライラしてしまうかもしれないです。

でもこれが自分の目的を達成するためなら周りが何もしてなくてもイライラすることなんてないですよね。

 

周りに努力を強要していた時は楽しくなかった

 

僕は今年のはじめまでずっと「なんで自分だけ頑張ってるんだ」と周りにイライラしていました。

 

でもやっぱりその時は自分の努力を周りに認めてほしいと思ってたし、自分以外の人がいい風に言われていたら自分も頑張ってるのに…って思ってました。

 

(いやー本当にしょうもないですね^^;)

 

そうなるとやっぱり頑張ってない人を見るとその人にも自分と同じくらい頑張れって強要してしまいます。

 

自分より頑張ってない人がいることが少し許せなくなって行きます。

その時は「あなたの為を思って言ってる」という風に思っていてもそれは他人のためじゃなくて自分の精神安定の為なんですよね。

 

本当にあなたの為を思ってくれる人は〇〇しなさいなんていいません。(家族とか以外)

 

強要していいのはチームで動いていて、その人がしないと何も動かない時だけなんです。

 

もし自分で努力を強要していると思っている人は自分が努力しているか、そしてその努力は誰のためにしているのかを考えてみてください。

 

〇〇しなさいで人は潰れる

 

世の中の人間に〇〇しなさいと強制されてやる気を出す人はほぼいません。

子供の頃に勉強をしなさいと言われた影響で勉強が嫌いになる人は多いです。

〇〇しなさいと言われたことは全て嫌いになる。これはまぎれも無い事実だと思う。

 

 

だから仕事でも遊びでもなんでも僕は自分に決定権のないことを強制することをやめました。

 

自分の努力を見直して誰のためにしているのかを見直した。そうすると周りの人が努力をしているかしてないかは関係ないって思った。