カテゴリー別アーカイブ: 大学生活

【就活】面接や書類選考の対策は?たった1つのマインドです

 

どうも、おとく(@otokubloger)です。

 

最近ではすごく季節の変わり目を

気温や天気で感じますよね。

 

すごくあったかくなって来て

過ごしやすいのはありがたいですが、

服装に悩むのでちょっと困ります…

 

就職活動中の大学生のあなたも

スーツを切るのが辛くなる季節ですね。

 

面接や書類選考ってどう対策するの?

 

これはもしかしたら、

大学のキャリアセンターなどとは

言ってることが違うかもしれないです。

 

しかし僕は1つしかないと

思っているので1度でいいので

実践してどちらがあなたに合うのか

試してみてください。

 

僕が思う面接や書類選考のための

必須になるたった1つの手法とは…?

面接官や書類審査官に

自分が働いている未来を見せる

 

ということです。

 

少し抽象度が高い話なので、

わかりにくい人はしっかりと

この後の説明を読んでくださいね。

 

 面接や書類で未来を見せるって?

 

就職活動はなんのために

やっているか考えたことありますか?

 

多分就活生である

あなたであったら…

 

  • ニートになりたくない
  • 就職するのが当たり前
  • 自分がこれから働く企業に取ってもらうため

 

こんな感じで答えが帰ってくる

ことが多いですね。

 

もちろんこれも、

間違った回答ではないんです。

しかしこれはあくまでも、

就活生目線での話です。

 

もちろんですが就職活動は

企業が新入社員を集めるための

活動なので、企業側からの視点で

考えてみましょう。

 

企業が欲しいのはどんな人材?

 

ということは面接や書類審査で

会社の採用担当がどんなところを

みているのかというと…

 

もちろんですが、

あなたと一緒に仕事がしたいか?

そういう目線で見て来ますよね。

 

それならどんな人が一緒に仕事をしたい

そんな風に思ってもらえるのでしょう。

 

面接や書類で受かる人:自分を持ってる人

 

当たり前ですが、

適当に流されて生きてる

そんな人が適当に面接や書類審査を

受けても一緒に仕事したいとはなりません。

 

もちろん人に流されて生きてきた人や

遊んでばっかりいた人が内定できないか

と言ったらそうではないです。

 

しかしやはり目の前のあなたをみて、

書類からの熱意を見て採用を決めます。

 

面接や書類で受かる人:何がしたいか明確な人

 

就職と言っても企業は

ビジネスをするプロなので、

何か率先して行動したりする人と

仕事をしたいのです。

 

そういう人をしっかりと見極めるには

何がこの会社に入ってしたいのか?

この質問に答えられるというのは

大前提になってくるのです。

 

なかなかいくつもエントリーする

会社全てで何がしたのかを考えるのは

とても難しいと思うので、

したいことを決めてそれができる会社を選びましょう。

 

面接や書類で受かる人:誠実な人

 

最後は本当に誰でも

言えることになるんですが、

やはりこれは重要です。

 

仕事したい=ビジネスができる

仕事したい=気が合う

 

このどちらかしか採用する

理由は企業側からしてもないです。

 

それなら第一印象や話し方など

色々と工夫して良い印象を、

持ってもらえるようにしましょう。

 

面接や書類審査では自分の熱を込めろ!

 

これは技術的なところですが

とても抽象度が高く難しいです。

しかしこれができたら就職活動

だけでなく仕事に活かせます。

 

自分の自己PR に熱を込める

自分の文字に熱を込める

志望動機に熱を込める

 

どんなことにでも集中して

熱がこもったスピーチ、書類を

作ることができればどんな相手でも

動かせることができます。

 

それにそれができれば、

どんな大企業にも内定が取れるし、

内定を5つ以上とることだってできます。

 

大学で細かいことは言われるかも

しれないですが、落ちる人は別に

何か欠点があるとかエントリーシートが

うまくないとかじゃないんです。

 

単純に熱が伝わってない

それだけなのです。

 

なので、小手先の技術も

もちろん大事なのです。

 

しかし第一志望の企業に内定を

貰いたいなら相手に未来を見せる

これを意識しましょう。

 

今回はこれで終わりです、

ありがとうございました。

【就活】働き方を決めるのが人生において…〇〇

 

どうも、おとく(@otokubloger)です。

 

今回の記事は会社での立ち位置

そして今の働き方に悩んでいる人に

向けて書いていきます。

 

働き方の種類には様々な

ものがあるのは知っていますよね?

 

学生の方ならアルバイトや

個人事業主として稼ぐ方法。

 

社会人になっても、

本業や副業、そして起業など

様々な方法で収入をえることが可能です。

 

今回はそんな働き方

関するノウハウや僕の思いを

発信していこうと思います。

 

働き方を決めるな!

 

これからは様々な収入源を持って

生活をして行く時代になります。

副業禁止という会社もありますが、

少なくなってますね。

 

そんな様々な仕事をして行く中で、

絶対にしてはいけないことがあります。

 

それが働き方を決めるということです。

 

なぜ働き方を決めるのが危険なのか

それをこれから説明していきますね。

 

働き方を決めるのが危険な理由1:自分の価値が小さくなる

 

先ほども言った通り、

これからは様々な働き方で

生活していく人が増えていきます。

 

そんな時にもし就職している人が

その会社だけのノウハウやスキルを

持って転職したり副業を初めても

うまくいかないですよね?

 

なぜならあなたの価値が会社の

枠組みを出ていないからです。

それはこれからの時代でとても

危険なことなんです。

 

仕事だけに特化することはないですが、

ブログを書いたりインスタグラムで

フォロワーが1000人いるだったりとか、

 

YouTubeでチャンネル登録者が

1000人を超えているなどの

自分を高める価値が多いほど

いいですね!

 

そしてもちろんですが、

それは資格とか免許とか

誰もが持っているスキルではなくて

もっとあなただけのものです。

 

働き方を決めるのが危険な理由2:リストラ

 

リストラ、社会人なら

1番聞きたくない言葉ですよね。

 

これを恐る人の特徴が

この自分の働き方を決めている

ということですね。

 

これは別に社会人に

限ったことじゃないです。

 

・仮想通貨投資で通貨を発行している会社が潰れた

・フリーランスの情報発信でお客さんが集まらない

・デザイナーやライターで仕事が決まらない

 

フリーランスや投資家にも

この仕事がなくなるという

リスクはもちろんあるんです。

 

これはビジネス業界では

リスクヘッジと言われますが、

やはり1つの収入源だけでは

リスクが大きすぎて心配なのです。

 

それならいくつもの

収入源を持っていた方が、

リストラや様々なリスクに

対応することができますね。

 

働き方を決めるのが危険な理由3:どれも他に活用できないから

 

たとえばですが、

社会人を5年経験していても

フリーランスとして成功する

理由にはなりません。

 

そして社長を経験したことがあっても

それが理想の会社員になれる条件には

ならないんですよね。

 

社長もフリーランスも会社員も投資家も

どれも土俵が全く違います。

 

そこで培ったノウハウの多くは

新しいステージでは通用しない

そんなことが多いんです。

 

わかりやすいのは

保育園の保母さんですね。

 

あの人たちがお母さんになっても

素晴らしい教育をしているかと

いったらまた別の話ですよね。

 

では結局どう働けばいいの? 

 

答えは簡単なんです。

それは今の仕事だけじゃなくて

他の収入源を作る努力をする

これだけです。

 

もちろんこれは難しいし

めんどくさいです。

 

だからこそやる人は少ないでしょう。

しかしこれからの社会でいきていくには

必要な能力だと思います。

 

僕がオススメする副業のすすめ

 

・ブログで収入を得る

・SNSで個人としての人気を得る

・ネットビジネスを始める

・今の業界以外の業種の勉強をする

・フリーランススキル(ライター、デザイナー、アーティスト)を磨く

 

今日の記事は以上です。

自分の働き方について

考えてみてください。

【就活】会社選びで重要なのはあなたの…

どうも、おとく(@otokubloger)です。

 

3月に始まった就職活動も

もうすぐ1ヶ月を迎えて、大学生たちは

少しづつ就職活動の厳しさや、

忙しさに疲れて来ている事でしょう。

 

今回はそんな就職活動真っ最中の

大学生、就活生に向けた仕事選びの

お話をしていこうと思います。

 

あなたは仕事を何で選ぶ?

 

よかったですね!あなたはラッキーです!

 

それはなぜかというと、

仕事を選べる環境にいるからです。

 

日本という様々な職業がある国に生まれ、

そしてこの時代で就職活動をできるということは

就職氷河期と呼ばれた世代の人や、他の国の

人からしたらとても羨ましいことでしょう。

 

そんな自分の仕事を自分で

決めることができるこの時代に

あなたはどんな条件で仕事を選びますか?

 

  • やりがい
  • 給料
  • 福利厚生

 

おそらく選べばキリがない

どこの会社も自分のアピールポイントを

出して来ていると思います。

 

近年では新入社員の3年以内の

離職率が問題になったりして、

インターンシップや就職活動にも

様々な変化が出て来ましたね。

 

しかしそんな周りの環境が

変わって来たとしても、

あなたがどんな会社を選ぶか

それは変える必要はないです。

 

仕事の選び方は人それぞれ!

 

就職氷河期と呼ばれば時代と違って

今は景気もよくて雇用が多くなってます。

それはあなたにとってはとてもいいことです。

 

なので、そんな恵まれている

あなたもしっかりと企業を選びましょう。

これは就活生にはとても需要な

マインドですが…

 

就職活動はあなたが企業を選ぶ活動です

 

このマインドはどんなFラン大学生でも

自分に自信のない人間でも、フリーターでも

変わらずに持って欲しいマインドです。

 

就職活動はあなたがこれから

入って仕事をする会社を決める活動です。

間違っても会社があなたを計る活動

ではないということを覚えてください。

 

人生レベルで考える会社選びとは?

 

先ほども言った通り、

近年では新入社員の3年以内の

退職率がとても高くなっています。

 

これは悪いことなのかというと

正直悪いことではないんです。

それだけ1人の人が様々な要素で

仕事を選んでいるということです。

 

もちろん生涯、その会社に務める

というものとても素晴らしいことですが、

別に3年以内にやめることが悪いこと

という風には思わないでくださいね。

 

ではそんな1人が様々な仕事を

選べるこの時代にどんな要素で

仕事を選ぶのがあなたにとっても

いいことになるのでしょうか?

 

会社選びの法則1:社長で決める

 

なかなか大企業だと取り締まり役や

社長などの上層部と関わる機会も

少ないかもしれないですが、近年では

ベンチャー企業なども多く出ています。

 

そんな会社を狙っている人は

ぜひ、社長の人柄や理念など、

そういうところで会社選びをしてみては

いかがでしょうか?

 

社長で選ぶことのメリットはこんな感じです!

 

  1. 人をみる力がつく
  2. 業績に関わらずチャレンジできる
  3. 社長の人柄がいいところは社員の質が高い

 

もちろん会社はビジネスをしている

ところなので一概には言えませんが、

自分がこの人だ!と思った人の近くで

仕事をするのはとてもいい経験になるでしょう。

 

会社選びの法則2:自分のやりたいことで決める

 

もちろんですが、

自分のキャリアを積むために

好きじゃないことややりがいを

感じないことはするべきではないです。

 

就職活動は会社に選ばれるもの

という間違った考えを持っている人は

どんな仕事でもいい給料で休みがあれば

という決め方をしてしまいますが…

 

それは自分の将来を考えるなら

あまりおすすめしない決め方です。

やはりしっかりとキャリアを築いて

働いていこうと思うならやりたいことで決めましょう。

 

会社選びの法則3:自由度で決める

 

今でももちろんありますが、

昔の会社は年功序列と言った、

としを重ねるごとに役職を与えられ

昇進していくという制度がありました。

 

最近では年功序列も少なっていき、

歳関係なして結果を出した人が昇進、

そんな会社の仕組みになっています。

 

そんな中でも一部の会社は

新入社員でも新しい事業に入れたり、

責任者を任せてみたりなど、

 

新人のキャリアアップにとても

貢献してくれている会社もあります。

責任を負う経験は社会人なら早くたくさん

積んでおいたほうがいいですね。

 

会社選びは何か1つを決めてこだわる

 

ここまで3つの人生レベルで

考えた時の会社選びについて

お話してきました。

 

ここで覚えておいて欲しいのは、

3つとも全てを埋めようとしないことです。

 

自分の欲求全てを満たしてくれる

会社を選んでいてはなかなか、

見つからずに結局フリーター。

そんな人ももちろんいます。

 

ここだけは絶対に外せない!

自分のこだわりを見つけて、

会社選びをしてください。

 

そしてそれを決めたら、

絶対に妥協せずに行動することを

自分の中で約束してくださいね。

 

今回はここで終わりです。

ありがとうございました。

【就活】大学生のあなたへフリーランスはいいぞ!

どうも、おとく(@otokubloger)です。

 

僕は今現役で大学に通っていて

現在は普通に春休みを満喫しているのですが、

やはりこの時期になると周りは

就活だ面接だってなんだか忙しそうです。

 

やはり大学生で就活を控えている人なら

これからの収入源を決める大事な

活動ですよね、就活はやはり第一志望の

企業に受かって残りの大学生活を満喫したいです。

 

おとくってフリーランス大学生だけど就活するの?

最近になると僕がビジネスを

していることを知っている知り合いには

そんな質問をされます。

 

はっきり言って僕は就活はします。

 

僕が就活をする理由を少し紹介しますね。

就職することで頭がいっぱいになってる

大学生の人の考えを少しでも柔らかくできたら

いいかなと思います。

 

フリーランス大学生の僕が就活する理由1選択肢を伸ばしたい

 

僕は大学3回生でビジネスを初めて

今まで色々な活動をしています。

そして企業はビジネスをする環境の1つです。

 

もちろん僕個人でもできるビジネスは

あるんですけど、もちろん企業などの

大きなグループに属したほうが

大きいビジネスができるんです。

 

ビジネスをして生きていくと

決めている僕としては企業という

大きな環境に入ってビジネスをするのも

いいかなと思いました。

フリーランス大学生の僕が就活をする理由2周りの大学生を知りたい

 

僕は今大学生なんですが、

大学生は自分の大学の友達と

ビジネスを一緒にしている仕事仲間しか

ほとんど知らないんです。

 

就職活動はそんな同世代の大学生が

一斉に動いて企業の内定を目指します。

それって結構面白いと思いませんか?

 

このブログで再三言っていることですが

現役のFラン大学生がどこまで優等生である

周りと勝負できるのか?僕はとても興味があります。

 

だって3年前までは僕が圧倒的に負け組だったんです。

京大とか阪大とかとても偏差値の高い大学生と

3年経ってどっちがビジネス的に上なのか?

それを知るためにも就活はしますね。

 

フリーランス大学生の僕が就活する理由3収入源を広げたい

 

正直言って僕が就活をする理由は

上の2つがとても大きな要因です。

 

僕自身まだ就職しようかこのまま

フリーランスで仕事をしていこうか

正直迷っているところではあります。

 

しかし自分が本当にやりたいと思う

企業、事業、ビジネスがあったら

そこで少し勉強するのもありです。

 

何よりこれからは収入源を

いくつも持ちたいと思ってます。

それは確実に今は複業の波がきているからだし

それだけの仕事を同時に行う力が欲しいからです。

 

就職するかどうかはまたしっかりと

決めようと思いますが、

周りの大学生みたいになんとなく

就職するのはやめたいですね。

 

フリーランス大学生なんて今となっては…

正直言って今時、個人事業主の

大学生なんて珍しくないんです笑

 

だって高校生社長とか大学生で会社7つ経営とか

19歳の取締役とか僕の周りにはそれだけ

たくさんの若い才能が集まってます(僕もまだ20笑)

 

なのでそれほど危険な道でないことは

わかるんじゃないですかね?

もちろん危険でなくても緩くはないです。

 

それなりに覚悟して始めないと

続けることはできないし、

失敗して終わるかもしれないです。

 

でも、聞いただけで難しそうとか

自分には才能がないからとか

そういうのは勿体無いですよね。

 

大学生の就職活動は人生のターニングポイントじゃない!

よく、ここで就職できなかったら

俺は人生の敗者だとか就職できずに

フリーターとかニートとかまじで

負け組だろとかそーいう人います。

 

でも考えてみてください。

就職しなくてももちろん大丈夫なんです。

僕は今この状態で面接失敗しまくって

全部内定を落としても大丈夫です。

 

だって個人で稼ぐ力を持っているので、

そして僕が何かビジネスをしたいと思ったら

力を貸してくれる人たちもいます。

 

なので正直就職活動で失敗したら

人生の敗者みたいに言ってるのは

今まで就職することへの努力しか

してこなかった人たちです。

 

こうやって僕とかその周りの人とか

就職しないでも個人で稼ぐ力を身につけるのは

全然可能なのにしなかったんです。

 

今大学生でもうすぐ就活という人でも

全然ビジネスは始められます。

もちろんそれ以外の人でも同じです。

しっかりと考えて行動してください!

 

今回はここまでです。

ありがとうございました。

結果が出ない人必見!目的があってもやらない人の共通点とそれを打破するための秘策

 

どうも、マーケで月収100万円おとく(@otokubloger)です。

 

僕は1年ほどブログを中心にビジネスをやらせてもらってるのですが、その時々によってモチベーションが保てなかったり、何もやらなくなったりするんです。

 

それはおそらく、ビジネスに関係なしに全ての人に共通することだと思います。

 

☑️今年には始めると決めたダイエット

☑️いつまでも始めない英会話勉強

☑️ブログも、もう3ヶ月書いてない…

 

こういうことはあなたにも何度か経験があるのではないででしょうか?ちなみに僕はしょっちゅうあります。

 

しかしこうしてやる気を保って長くビジネスを続けている僕だからこそ、発信できるやる時とそうじゃない時の違いを今日は話していこうと思います。

 

☑️実績を出している人との違い

☑️継続の仕方とポイント

 

を知ることができるので、ぜひ最後まで読んでください。

 

3分で読めて、実行すれば確実にあなたの結果が変わる内容になっています。

 

 

まずは始めるそして続ける

 

ビジネス、ダイエット、勉強など世の中には色々な結果を出したいものがあります。

 

社長になったらビジネスで結果を出さないといけないし、トレーニングジムに通ったらダイエットを成功させないといけない、教師になったら一生勉強です。

 

結果が出ない人の特徴としてこの2つが足りないと思います。

 

[box class=”blue_box” title=”結果が出ない人”]

☑️始めるのにためらっている

☑️始めても続けない

[/box]

 

この2つ以外にももちろんクリアしないといけない項目はあるんですけど、確実にこれはしておかないと成功とか夢のまた夢です。

 

始めないと始まらないし、続けないと結果は出ないんです笑(当たり前すぎて何いってるのかわかんないですよね笑)

 

やらない人はあなたのやる気を批判してくる

 

結果を出す人間になるには、まずは何かを始めて継続しないといけないということはわかりました。

 

しかし、ここで出てくるのが周りの障害です。これはネットでもリアルでも必ず出てくると思います。

 

 

個人的にここで大事だと思うことが2つあります。

 

[box class=”blue_box” title=”やらない人まとめ”]

☑️自分のやる気を下げないこと

☑️自分が批判する側に回らないこと

[/box]

 

特に自分が批判する側に回ろうとしていたら気をつけてください。常に頭を使って行動を繰り返していたら大丈夫ですがやはり人は自分に理解できないことは批判したくなる生き物なんです。

 

何を頑張るにしても批判する側に回った時点でその勝負は負け戦です、もし誰かの事を批判したくなったら一度立ち止まって考え直して見てください。

 

やらない人は始めた人をバカにしたい

 

やらない人って何がしたいかって行動しなかった自分が正しかったって行動した人をバカにしたいんです。

 

僕はこれは本当に無駄な行為だと思います。例えば仮想通貨を買った人をみて、買わなかった人はやっぱり買わなくてよかったそんな風にいうんです。

 

これは常套句です。

やっぱり自分が正しかったと証明したい生き物で、誰かが批判をくぐり抜けて成功すると「どうせたまたまでしょ?」「別に私には関係ない」となるんです。

 

その人が成功したのはたまたまじゃなくひとえに行動したから、継続したから成功したんです。

そして批判する人がうまくいかないのは、やらない人だから、批判する人だからなんです。全ては行動した人がうまくいきます。

 

なぜならやらない人に比べて

経験の母数が違うからです。

 

行動すればするほど失敗は増えます。

しかし成功もやらない人より多いです。

 

あなたが成功者に近ずくやる人になる条件と行動

批判もせず、行動する事を怖がることがなかったら確実に今のあなたよりは良い未来が待ち受けているでしょう。

 

☑️ランニングの汗が気持ちよくなり

☑️読書する時間が私服になり、

☑️ちょっと朝起きて自分の時間を作ります。

 

そのために成功者がやっている『やる人になるための条件と行動』について簡単にまとめていきたいと思います。

 

[voice icon=”https://otk0221.info/wp-content/uploads/2018/05/otoku.jpg” name=“オトク” type=”l”]

少しだけ幸せな日々を

得られる方法と努力の仕方について

しっかりと理解していこう!

[/voice]

 

やる人になるための行動:環境と関わる人にこだわる

 

まずは人と環境を変えて見ましょう。

 

ダイエットをするならダイエットに真剣に向き合っている人たちがたくさんいる環境に足を踏み入れましょう。

 

ちょっと怖いと思っても大丈夫です、そういうところに行く人は基本自分のモチベーションをあげるためにいっています。

 

なので、人が増える=自分のモチベーションを保てると思っているのです。

 

逆にどれだけ今のあなたにやる気があっても、人と環境次第でどうにでもなってしまいます。

 

 

ビジネスという個人の勝負で重要なのは環境!?

 

やる人になるための行動:取捨選択をして自分をコントロールする

 

人の行動はいくつかに分類できます。

 

[box class=”blue_box” title=”行動分類はこんな感じ!”]

☑️やらないといけないこと

☑️やりたいこと

☑️やらなくてもいいこと

☑️やってはいけないこと

[/box]

 

この中から上の2つ『やらないといけないこと』と『やりたいこと』を意識的に自分でできるようにモチベーションを保てれば、必然と行動が変わってきます。

 

ダイエットをしているなら、ストレッチやランニング、筋トレはやらないといけないことですし、惰眠暴食はやってはいけないことです。

 

やりたいことに入るのは、『料理』などでしょうか?カロリーや栄養に気をつけた食事は、女性がする場合は面白かったりするものです。

 

全てのことは自分のモチベーションをコントロールして合理的に行動できるか?というところにかかってると思います。

 

僕がブログを更新する時も感情を捨てて、合理的に考えているようにします。

 

ブロガーのあなたへ、朝活と夜活を分ければ社会人でも効率性が上がる!

 

明日からやらない人を卒業できそうですか?

 

さて今回はダイエットやビジネス勉強など様々なことに共通する結果を出す人に共通する要素と行動について話してきました。

 

[box class=”blue_box” title=”今日のまとめ!”]

☑️まずは始めるそして続ける

☑️批判に屈しない、批判する側にならない

☑️批判するのはバカにしたい人だけだ

☑️関わる環境と人にこだわろう

☑️取捨選択して自分をコントロール!

[/box]

 

ダイエットができない人、勉強が進まない人、ブログを書くのが苦痛な人はぜひ参考にして見てください。

 

というわけで今回は以上です。

興味のある内容だったらツイッターでのシェア&フォローお願いします!

 

夢のない大学生がするべき1つのことと具体的な行動例3選!

 

どうも、大学生ブロガーのおとく(@otokubloger)です。

 

今日は夢がない事で悩んでいる大学生に考えて行動してほしい事について話します。

 

大学生活を4年経験して、その中で色々な出来事があったのであなたの大学生活が少しでも面白くなる話ができると思います。

 

大学生活で重要なのは夢ではないです。

 

☑️イベント運営で1000人動因

☑️ホテルで2年半の飲食アルバイト

☑️個人でビジネスを始める

☑️ベンチャー企業で
 マーケティングとライティングを担当

 

4年間でこれくらいのことをしているので夢のない大学生が退屈じゃない生活を送るアドバイスができると思います。

 

4分ほどで読めて、尚且つ夢に繋がる今するべき行動まで知れるのでぜひ最後までお読みください。

 

ちなみに大学1回生から4回生まで可能なので今日から実践してみてください。

 

夢を持つ大学生は素晴らしいです!

 

将来何になりたいの?今からやりたいことを見つけておかないと将来ろくな大人に育たないから夢を持ちなさいね!

 

こんなことを言われて育てられた人は結構多いのではないでしょうか?やっぱり夢を持つことって人生の方針が決まるし、成功する人は小さい頃から夢を持って努力してきたって言いますよね。

 

プロ野球選手、タレント、モデル、お笑い芸人、社長現在活躍している人は昔から目標を持って、その目標を達成するために日々努力を続けてきたそんな人が多いのかもしれないです。

 

大学生の今のうちから好きなこと、将来かけて、やり続けたいことを見つけるのは常に大人から言われ続けることでしょう。

 

大学生に夢なんて必要ない、必要なのは自分の感情を知ることだ

 

先ほど言った通り大学生で将来の夢があるというのは素晴らしいことです。

 

でも別になくても問題ないことも間違いないことです。

 

理由はいくつかあります。

 

[box class=”blue_box” title=”夢がそれほど重要じゃない理由”]

☑️もっと大事なことがあるから

☑️大学生のうちに視野が狭まる危険性も

☑️夢はころころ変わるものだから

[/box]

 

もっと大事なことというのが見出しにもある「自分の感情を知ること」ということです。

 

[voice icon=”https://otk0221.info/wp-content/uploads/2018/05/otoku.jpg” name=“オトク” type=”l”]

自分の中で何に対して

面白いと思うのか?を

探すのが大事ということですね!

[/voice]

 

大学生の夢よりも大事なこと自分の感情について

 

あくまで僕の経験の中でお話します。

 

僕も最初からこんな考えではなかったんですが、僕は大学4年間の間で自分が何をしている時にどんな感情になるのか?をたくさん分析するようにしてました。

 

[box class=”blue_box” title=”行動と感情の推移”]

イベント運営👉楽しい

バイト👉接客や仕事は楽しい

バイト先での人間関係👉嫌いな人はいた

大学での授業👉興味がない物も多々ある

ビジネスを初めて👉面白いけど高額商材売るの嫌い

ブログを初めて👉めちゃくちゃ楽しい

チームでビジネスをして👉楽しいけど難しくて向いてない

就活をして👉面白くはない

[/box]

 

こんな風にみていると自分という人間が少しわかるようになってきました。

 

この経験から見える僕の幸福を感じることはなんでしょうか?

 

好きな人と面白いことをすること

もっと突き詰めていうと

価値観が合う人とWeb系のビジネスをすることということになりました。

 

今、夢がないと思う人はこの感覚をもっと養ってみてください。

 

夢のない人に経験してほしい具体的な行動3選

 

具体的には何をすればいいのか?

行動と感情の情報を集めるために全ての大学生にしてほしい具体的な3つの行動を紹介します。

 

[box class=”blue_box” title=”前提と注意事項”]

もちろん旅とか勉強とかありますが、

一応将来の夢の話なので

仕事に関係することでお話します。

[/box]

 

①:バイト以外の収入源を手に入れる

 

今は複業の時代なんて事を言われています。YouTuberやブロガーなど発信をしてお金を貰う大学生も多くなってきたようです。

 

僕はバイトをするなとは言いませんがバイト以外の収入源は必要だと思います。それも自分の好きなことがいいです。

 

[box class=”blue_box” title=”バイト以外の収入源の例”]

☑️ブロガーやYouTuberになる

☑️自分の趣味を売ってみる(絵など作品)

☑️路上ライブで稼いでみる

☑️転売や投資をしてみる

[/box]

 

これができれば正直めちゃくちゃ強いです。

 

②:バイトでの収入を副収入源の為に使ってみる

 

多くの大学生がする行動はこれです。

 

[box class=”blue_box” title=”バイト給料の利用方法”]

☑️旅行や友達との遊び

☑️服や自分の趣味に使う

☑️一人暮らしなら食費に消える

[/box]

 

しかし僕はこんな使い方がいいんじゃないかな〜って思ってます。

 

[box class=”blue_box” title=”おすすめなバイト代の使い方”]

☑️バイト代で節約してご飯を食べる

☑️余ったお金を副収入に回す

☑️副収入での収益を趣味に回す

[/box]

 

僕はそれがブログやライティングの仕事、本を買うことでした。

 

[voice icon=”https://otk0221.info/wp-content/uploads/2018/05/otoku.jpg” name=“オトク” type=”l”]

まぁ僕はバイトは

2年しかしてないけど…笑

[/voice]

 

[box class=”blue_box” title=”具体的には…”]

☑️ブログの有料テーマやドメイン

☑️より収益を上げるための勉強代

☑️面白い人に合うための交通費

[/box]

 

 

③:大学生だから会える人に会いに行く

 

夢がないから人に会う大学生なんて面白いと思ってもらえる人はたくさんいます。

 

☑️企業の社長

☑️フリーランスで働いてる人

 

若さと行動力は大きな才能です、持ってるうちに使ってしまいましょう。

 

 

大学生の夢、やりたいは仕事になる

 

さて、今回は大学生は夢がなくても自分の感情を把握することができれば大丈夫という話をしました。

 

夢がなくても没頭できるものを探す、

そして重要なのはそれをお金に変える仕事にするということです。

 

好きを仕事にという言葉が僕は好きですが、

本当に今はまっているもの、大学の研究、

これをお金に変えることを考えてみてください。

 

Youtuberは好きなことで稼ぐの典型例でしょう、もちろん途轍もない努力できつい仕事でもあります。僕がやっているブログというのも好きなことを仕事にしています。

 

大学の研究でいったら何か企業と商品開発をしてみたり、旅行プランのプレゼンを企業相手にしてみたり、

実際に人を集めて、旅行を提供してみたり(旅行業法とかは確認してね笑)理系大学生なら新しいAIを使った商品とか面白そうですね!

 

そんな風に自分の好きややりたいを使ってどのようにしたらお金を稼ぐことができるか?ということを自分の頭で考えてみてください。

それが将来やりたいことになるかも?

 

それに最近ではキャンプファイヤーなどのクラウドファンディングで様々な協力者を集めて資金援助をしてもらうサービスもあるので好きを仕事にしやすい環境です!

 

 

夢がなくてもヘコまずにやれることをやろう

 

今回は僕の経験からでしかお話をできなかったので、色々情報収拾してみるといいかもしれません。

 

もっとしっくりくる話があるかもしれません、もし僕の話がしっくりきたらぜひ行動に移してみてください。

 

[box class=”blue_box” title=”今日のまとめ!”]

☑️大学生は夢より自分の感情を理解する方が大事

☑️前提として夢があることは素晴らしいことだ

☑️行動と感情を分析して何が好きなことか調べよう

☑️バイト以外の収入源を作ろう

☑️バイト代を副収入源の為に使ってみよう

☑️大学生という立場を利用して人に会おう

☑️あなたの好きなことは仕事になる

[/box]

 

というわけで今回は以上です。

興味のある内容だったらツイッターでのシェア&フォローお願いします!